ファッション

テーラードジャケットとワイドパンツのコーデはOK?【色合わせがカギ】

小柄の小松です。今回はジャケットにワイドパンツを合わせるときのポイントについて。

サイズはいろんなブランドでジャケットを見かけますが、同じパンツと合わせる”セットアップ”以外の使い方ができれば、着こなしのバリエーションが広がって便利。

そこで今回はジャケットにワイドパンツを合わせる着こなしの提案。

今回の考え方を知っていると、ジャケットを単体で使うときのヒントが見えてくるかと思います。

テーラードジャケットにワイドパンツのコーデはOK?【色合わせがカギ】

ということでテーラードジャケットとワイドパンツ を使った着こなしの提案です。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロU:ジャージーテーラードジャケット(XS)
ユニクロ:米津玄師 UT(S)
soe:リラックスフィットトラウザー(0)
adidas:スーパースター80s(25cm)
KAIKO:ナイロンリュック
amp japan:オーバーラップリング
amp japan:イヤーカフ
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

最大のポイントはワイドパンツが目立たないこと

今回ジャケットとパンツは違うブランド・違う色のものを合わせていますが、このときに優先したいのはワイドパンツが浮かないよう工夫することです。

オシャレな服装をする人たちの間ですっかり定着してワイドパンツですが、細身のスキニーパンツと比べるとどうしても下半身に視線が集まりやすい。

そこでワイドパンツに合わせて、ジャケットも存在感のあるものを合わせてあげる。この考え方で進めていくのがベターかと思います。

そこで今回のポイントですが、ジャケットの色をパンツより明るくしています。

黒はすべての色のなかで1番暗い色。それよりも明るいグレーを使うことで、上半身に視線がいくような組合せを意識しました。

こうすることで片方だけが悪目立ちするのを防ぐことができるんですね。

黒いワイドパンツ×グレージャケット。

どちらもゆったりサイズの服ですが、色の差を意識したことで上下の緩さを合わせてバランスを取っています。

考え方自体はこういったシンプルな着こなしとほとんど同じです。

上下どちらかが目立つのを防ぐために、色の差を利用してシルエットを整えた組合せ。

上の着こなしは上下どちらも細身にして”Iラインシルエット”を意識してますが…

今回のように上下の緩さを合わせてあげてもバランスを取ることができます。

上下を緩くした着こなしはOラインシルエットと呼ばれることもありますが、基本的にはIラインと考え方は同じです。

ジャケットにワイドパンツを合わせるときは「色の差」を意識する。

こうすれば違うブランドの服でもバランスを整えやすくなってきます。

ジャケット以外を同色にまとめる

上下の色を変えたのがポイントですが、その一方で色を揃えた部分もあります。

見ての通りですが、Tシャツとワイドパンツは同じ黒で統一していますよね?

こうすることで上下が繋がってるように見えるので、短足に見えがちなワイドパンツの弱点を打ち消すことができるんですね。

上下の色を揃えると着こなしの幅がグンと広がります。

この服装もそうですが、足元に白が入ったスニーカーを使うと短足に見えやすい。

けれど靴以外の色が繋がっていれば、脚長効果をキープしつつ足元にアクセントを加えることができます。

今回トップスはプリントTシャツを使ってますが、無地でなくても全く問題ありません。

むしろプリントが入ってることでジャケットとTシャツの明るさが揃うので、どちらかが浮くような心配もない。

ジャケット・パンツを違う色にしたぶん、トップスとパンツを同色に繋げてあげる。

白・黒・グレーという基本的な色使いですが、こういうメリハリのある組合せを意識すればさらにバランスが取りやすくなってくれます。

バッグでシルエットを調整

この服装に限った話ではないですが、どのバッグを選ぶかでシルエットを調整することができます。

今回はリュックを使っていますが、リュックを背負うと上半身にボリュームが出るもの。

こうすることで下半身のワイドパンツがさらに目立たないよう工夫しました。

今回はジャケット×リュックですが、これをブルゾン×クラッチバッグにするとシルエットが変わってきます。

丈の短いアウターにワイドパンツを合わせると、上が細くて下が太い”Aライン”になります。

そこでバッグも低い位置にくるよう調整してあげれば、よりAラインを強調することができるんですね。

バッグの種類が変わると、着こなしの大人っぽさを調整することもできます。

最近はサラリーマンが背負ってることもありますが、基本的にリュックはスーツ要素のないラフなアイテム。

逆にクラッチバッグは集金用として使われていたこともあり、スーツ要素のあるアイテム。

一方ジャケットとブルゾンも間反対のアイテムなので、バッグとの組合せを意識すれば中間のバランスを取ることができます。

アウターとバッグ以外は同じ服を使ってますが、違う着こなしに見えてるはず。

自分のなかで「定番の型」を持っていると、他のアイテムを少し変えるだけで違うコーディネートをつくることができます。

なんにでも当てはまるとは限りませんが、バッグをいくつか持っているとかなり便利なのは間違いないでしょう。

ということで今回のポイントは…

・ワイドパンツが目立たないようにする
・ジャケット以外を同色にまとめる
・バッグでシルエットを調整

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...