ファッション

白Tシャツ+白ソックスでも短足に見せないコーデ【上半身に目立つ小物を付ける】

小柄の小松です。白ソックスに対して抵抗があったので元々はあまり使わない派でした。

オシャレな人が使う印象が強い白ソックスですが、失敗すると肌着感が強くなったり脚が短く見えてしまいそうで抵抗を感じやすい点もあります。

僕自身、スタイルの悪さを隠したいという理由でこれまでほとんど使ってこなかったのですが、ポイントをおさえれば意外と誰でも使えるのではないかと感じるようになりました。

今回の考え方を知っていると、白ソックスを使うハードルを一気に下げることができます。

白Tシャツ+白ソックスでも短足に見せないコーデ【上半身に目立つ小物を付ける】

ということで白ソックスを使った着こなしの提案です。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロ:ワークシャツ(S)
ユニクロU:スーピマコットンT(M)
ユニクロ:EZYアンクルパンツウルトラストレッチ(S)
シックストックス:ツートーンソックス(M)
PADRONE×sot:別注ダービープレーントゥシューズ(40)
ネオンサイン:バケッドバッグ
CASIO:MQ-38
amp japan:オーバーラップフラットリング(17号)
Paul Smith:ストライプロングストラップ
Paul Smith:スクエアサングラス

白Tシャツに白ソックス。かなりリスクの高そうな組合せですが、この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

足元だけが目立たなければいい

そもそも白ソックスが難しい理由は、足元が目立ちやすくなることです。

僕らの目は上半身が明るく、下半身が暗い組合せに慣れています。たとえばスーツスタイルでも下半身は暗い色で、上半身には明るい色のYシャツが使われていますし。

けれど白はすべての色のなかで1番明るく見えるカラー。本来目立つはずのないところに明るい白が入っていることで違和感が出て、必要以上に目立ってしまうんですね。

ではどうすれば白ソックスが目立たないようにできるのか?試した結果、白ソックス”だけ”が目立たないようにすればいいということがわかりました。

今回の場合は上半身の小物選びがカギ。

プルーレンズのサングラス、少し装飾の入ったストラップなど、白ソックスと同じくらい目立つ小物を付けました。

こうすることで足元だけが目立つのを防ぎ、なるべく上半身に視線が誘導されるように工夫しています。

Tシャツや靴下で色が切り替わっていても、そこまで脚が短く見えない組合せになりました。

わざわざ白ソックスなんてつけずに足首を見せるだけで良さそうですが、白ソックスの有り無しで明るさはだいぶ変わってきます。つまり地味な印象が減るということ。

無地のTシャツなどシンプルな服が好きな人は、いかに服装を地味に見せないかが課題。けれどシンプル好きとしてはいきなり派手なモノを買う気にはなれない。

そう考えると少ない面積で変化を付けられる白ソックスは意外と便利なのではないでしょうか。

他の小物はなるべく黒でまとめる

上半身には目立つ小物を付けましたが、それ以外の小物はなるべくシンプルにまとめました。

バッグや腕時計を黒にすることで、上半身の小物がより目立つような配置にしています。

たとえばこちらは白ソックスではないですが、腕時計は文字盤が白いものを使っています。

このときはなるべく地味に見せないために白時計が効果的でしたが…

今回の場合はすでに白の面積が多いので、白の使いすぎになりかねない。

白は使いすぎるとそれぞれが目立ってしまい、チグハグな組合せに見えてしまうことがあります。そこで今回はTシャツと靴下だけに絞り、上下で縦の繋がりができるようにしました。

このように、縦長に見せるために小物選びにメリハリをつけるという考え方もあるんです。

余談ですが、今回首からさげているのはストラップにリングを付けた”ネックレス風”の小物。

ストラップはカードケースや鍵なども付けられますが、こんなふうにちょっと変化のあるネックレスとしてアレンジすることもできます。

ネックレスを付けている男性に対しては好みが分かれるところなので使う場面は選びますが、こういったひねりのある使い方をしてみるのも面白いでしょう。

上半身に視線誘導できる小物を使い、他の小物は控えめな色・形を合わせる。

白ソックスを使った着こなしの幅を広げたいときは、ぜひ今回の考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...