ファッション

低身長男子がZOZOで洋服を買ったらオーバーサイズになってしまう理由

小柄の小松です。今回はZOZOTOWNで買い物するときに絶対知っててほしい、サイズ寸法の違いについて。

自分の洋服サイズを大体把握してる方は、着丈の長さなどの”数字”を目安に買うことがあると思います。

でもいざ買った服を着てみたら、思ってたより大きいサイズだったということはないでしょうか?

その答えはとてもシンプルですが、これを知らないと、返品不可の服で失敗してしまうので是非読んでみてほしいです。

低身長男子がZOZOで洋服を買ったらオーバーサイズになってしまう理由

なぜ予想以上に大きなサイズの服を買ってしまうのか。答えはとてもシンプルです。

ZOZOTOWNのサイズ寸法がブランドの公式サイトと少し違うからです。

「そんなことあるの?」と思うかもしれません。特に違うのは着丈の測り方です。

たとえばユニクロやヘインズなどのTシャツの着丈は、襟の上から裾までを測った長さが表記されています。

ZOZOTOWNはどこから測っているかというと、襟の下から裾までの長さを測っているんです。

こういうことですね。

測りはじめる位置が違うので、当然ブランドの公式サイトとZOZOでは着丈の数字が変わってきます。

試しに僕が持っているヘインズのTシャツMサイズを見てみます。

これが公式サイトの表記。着丈は68cmです。

こちらがZOZOの表記。着丈は64.5cmで、公式と3.5cmも違うことがわかります。

つまり普段から見慣れているユニクロやヘインズのサイトと同じ感覚でZOZOで買うと、サイズミスが起こってしまうんです。

ちなみに肩幅も違っていますが、これはおそらく縫い目の内側から測っているからだと思います。

Mサイズだと公式とZOZOの差が1.5cmなので、左右0.75cmずつズレていると考えると辻褄が合うからです。

肩幅はそこまで大きな問題にはならないと思いますが、着丈が3cm以上も違うというのは知らないとかなり恐い話。

このTシャツはZOZOでは着丈66.5cmでしたが、実物を襟上から測ってみると68cm。届いたらイメージより1サイズ大きい着丈でした。

ZOZOTOWNはブランドと違う独自のサイズ寸法を取り入れているので、特に着丈に関しては慎重に選ぶ必要があるんです。

アウターの着丈はブランドのサイトと同じ

Tシャツなどの着丈は注意が必要ですが、アウターは同じなので心配する必要がありません。

なぜならブランドのサイトでも、アウターの着丈は襟の下から測っているからです。

画像はユニクロのデニムジャケット。ユニクロはTシャツやセーターなどの着丈は襟上から測り、アウターは襟下から測ったサイズ表記です。

ZOZOも全く同じなので、アウターに関しては普段見慣れているブランドのサイトと同じように判断していい。

ZOZOが独自の採寸をしてるのは、おそらくブランドの表記がわかりにくいと感じているからでしょう。

本来はすべてのトップスを襟下から測れば統一感が出てわかりやすいですからね。こう考えると、ある意味ブランド側の表記のほうが異質なのかもしれません。

ブルゾンなどのショート丈アウターに注意

ちょっと話が逸れますが、洋服のサイズを着丈で選ぶときは服の形に注意するのがオススメ。

ブルゾンなどのショート丈アウターは、前後の着丈が大幅に違うものもあるからです。

上記の写真はユニクロレディースのMA-1ブルゾン。

レディースのアウター・セーターなどは、前後の着丈が2,3cm違う服がよくあります。

このように後ろが短くて前が長いというパターンが多め。

低身長男子はメンズのSサイズが合わないときにレディースを試すという方が多いんですが、特にショート丈のアウターでは気をつけたいところ。

レディースを着れるのは低身長男子の特権ですが、形の違いに注意してサイズ選びをする必要があるんです。

洋服は着丈が3cmも違えばサイズが1つ変わってしまうもの。

ZOZOTOWNで買い物するときは今回のことを参考にして、サイズ選びをしてみてください。

✳︎低身長男子の服選び・着こなしについては下記の記事を読んでもらえれば分かりやすくなります。

低身長男子がMB氏の"ドレスとカジュアルのバランス"で失敗しないコツ小柄の小松です。今回はファッションブロガーMBさんの理論について。 メルマガ読者数1万人以上のMBさんのコンテンツ。その骨組みとな...