低身長

アセゾネの刺繍ロゴTシャツは品良く・シンプルで・カッコいい【低身長男子ファッション】

小柄の小松です。今回はアセゾネというブランドの刺繍ロゴTシャツについて。

ロゴTシャツは文字だけのものやボックス状に囲ってあるものなどがありますが、どれも同じに見えて飽きてしまうという方も多いはず。

アセゾネのロゴTシャツは新鮮かつ計算された配置。デザインから洗濯後の縮み具合まで確認していきます。

黄色い刺繍の主張を抑えた主張

今回紹介するTシャツのロゴは新鮮さのある黄色、それも刺繍タイプです。

アルファベットで書かれたブランドロゴというのはよくあるデザインですが、まず黄色というのが珍しい。

黄色自体は明るい色ですが、白地に縫い付けてあることで悪目立ちせず、ボディに馴染んでいることがわかります。

にもかかわらず、刺繍という立体的なプリントがされていることで、埋もれすぎることはありません。

また、デザイナーは刺繍の配置にこだわったといいます。

実際に着てみるとわかるのですが、ロゴの位置は胸板の1番厚いところにくるよう配置されているのです。

少しでもズレるとTシャツにシワが寄ってロゴが隠れすぎてしまう。小さい文字が埋もれないためにこの位置に落ち着いたんだと思います。

主張を抑えて主張するという絶妙なバランス。たかがロゴT、されどロゴTだと感じさせる細かい調整が見えるTシャツです。

滑らかでツヤのある素材

また、生地はユナイテッドアスレの「6.2オンスプレミアムTシャツ」のボディが使われています。

表面が滑らかでツヤのある美しい風合いです。

一方で首回りのバインダーは厚手。洗濯をしてもここだけはガッシリとへたれることがなく、耐久性の高いものになっています。

洗濯前のものを着てみるとこのような感じ。

滑らかでツヤはありますが、厚手というほどでもないので、肌着はタンクトップを推奨。エアリズムなどの薄いものだと乳首が浮き出てしまうでしょう。

ヘインズのBeefy Tシャツと比較

ユナイテッドアスレと同じくTシャツの老舗であるヘインズ。こちらのBeefy Tシャツとサイズを比較してみました。

どちらも洗濯後の状態でMサイズを着ています。

元々のサイズはほぼ同じなんですが、ユナイテッドアスレはヘインズに比べて洗濯後の縮みが少ないので、身長162cmだと今回のロゴTは少しゆったりシルエットになります。

そしてこちらが洗濯前と後の比較。右が洗濯後です。

これだけだと分かりにくいですが、洗濯で縮みがあったのはまず着丈。実寸67cmだったものが1cmだけ縮みました。

袖丈は変わっていないんですが、幅が少し縮みました。ゆったりシルエットをキープしつつ、子どもっぽくなりすぎないサイズに変わったといったところです。

ブランド名のアセゾネとは、調味料で味付けすることを意味する料理用語からきているそうです。

「服は着る人にとっての引き立て役」というコンセプトにふさわしい、主張を抑えつつ主張する絶妙なバランスのTシャツといえるでしょう。

 

assaisonner./刺繍ロゴTシャツ

ヘインズのBeefy Tシャツの詳細が気になる方はこちらをご覧ください。

肌着は透けず乳首も浮き出ない、いつでも買えるHanes(ヘインズ)のBEEFYポケットTシャツTシャツはどんなブランドでも展開されているメンズファッションの定番中の定番といっていいアイテム。 しかしデザイン・シルエット・生地...