低身長

洋服選びがめんどくさいならユニクロのカーディガンで楽してオシャレしよう【低身長男子のファッション】

小柄の小松です。今回の記事はユニクロのカーディガンを使った楽なオシャレについて。

とりあえずいまよりオシャレになりたい。けど洋服選びはめんどくさいからパパッとできる格好がいい。

そんな悩みを抱えた方におすすめしたい、とても簡単な合わせ方を紹介します。

洋服選びがめんどくさいならユニクロカーディガン

洋服は探すとキリがないのでお店に行くだけでめんどくさくなりますが、手っ取り早いのはカーディガンです。

カーディガンは学生から会社員までいろんな方が使っているので抵抗が少なく、合わせ方さえ工夫すれば、簡単にいまよりオシャレな服装にできるからです。

そこでおすすめなのがユニクロのエアリズムUVカットカーディガンです。

洗濯してもシワにならない、1年通してオンオフ使えるユニクロのエアリズムUVカットカーディガン寒い冬から暖かい春夏に変わっていくにつれて、厚手のコートは段々使わなくなってきます。 そうするとジャケット・ブルゾンなどのショート...

洗濯してもシワにならず、形も崩れなくてポケットも使いやすい。

細かい点をあげるとキリがないのですが、自然な色合いのネイビーを選べばそれだけで楽にオシャレな服装に変えることができます。

カーディガンは「学生っぽくてダサい」と言われることもありますが、それは学生っぽい合わせ方をしてしまっているからで、カーディガンそのものがダサいわけではありません。

楽してオシャレするなら、ユニクロのカーディガンが手っ取り早いです。

まずは色数を少なくする

おすすめしてるユニクロのカーディガンですが、合わせるときのポイントはたった3つだけです。

1つめは使う色の数。ここでは白・黒・ネイビーの3色です。

まずはこのように色数を少なく、少し地味ともいれる色だけでまとめるのが近道です。

小さなお子さんの服装などを見るとわかるのですが、基本的に色は使えば使うほど子供っぽい服装になってしまうからです。

もちろんカラフルな色使いでもオシャレな方はいますが、それは色同士の相性を意識していたり、そもそも顔がイケメンということが多いので、ハードルは高め。

白黒などの地味な色に抵抗がある方もいると思いますが、これが1番の近道です。

細身のパンツを選ぶ

2つめのポイントは細身のパンツを選ぶことです。

色数を絞ることが1番の近道と書きましたが、そのときにダボっとした服を合わせてしまうと、ダラシなさが上回ってしまい、オシャレとかけ離れた印象を与えてしまうからです。

使っているのはユニクロのウルトラストレッチスキニージーンズというパンツ。4000円で買える手頃な値段の洋服です。

ダボっとしたパンツを穿きこなしているオシャレな方もいますが、身長の高さと工夫が必要なのであまりオススメできません。

色数を絞って、細身のパンツを合わせればそれだけで印象は変わってきます。

襟シャツを使わない

もう一つ気をつけたいポイントは襟シャツを合わせないことです。

カーディガン+襟シャツという組合せ自体が学生や会社員を連想させてしまうからです。

洋服にはイメージというものがあって、いくらスッキリとした合わせ方をしていても、イメージに引っ張られるとそっちに意識がいってしまいます。

Tシャツだと学生のイメージと少し離れるので、人から普段着として見てもらいやすくなります。

シャツの種類によっては学生っぽさのない組合せもできますが、まずは白いTシャツで大丈夫。1000円くらいで買えるので、お金もかかりません。

「学生っぽい、ダサい」という意見もある短めカーディガンですが、色数を絞って細身にし、合わせる組合せを考えるだけで十分。

いまより楽してオシャレに。ユニクロのカーディガンならそんな贅沢な悩みを解決してくれます。