低身長

身長162cmのチビがユニクロのEZYアンクルパンツ ウールライクのSサイズを履いた結果【低身長男子のファッション】

小柄の小松です。今回の記事はユニクロのEZYアンクルパンツ(ウールライク)について。

自分はチビだから、どんなパンツを履いても丈が余っていつもツライ。

低身長男子にありがちなこの悩みを、逆にメリットに変えてしまうパンツがあります。それが今回紹介するユニクロのスラックスです。

仕事・休日コーデどちらも使える1本

 

まず嬉しいのは紐がついていること。

仕事で使うときはベルトをするので関係ないですが、休日に着るとなると何も付けずに気軽に履きたいですからね。

ウエストのほとんどはゴム状になっているので、これと紐のおかげでかなりラクに履けるスラックスといえます。

中央にセンタープレスというラインも入っているので、スラックスとしての形をきちんと再現してくれています。

また、素材も高級感のある配合です。

レーヨンという光沢のある素材のおかげで大人びた印象があり、ポリエステルが全体の70%入っているので洗っても乾きやすい。

スーツ屋さんで売っているウールのスラックスは洗濯するとシワシワになってしまうので、汚れたら毎回クリーニングに出さないといけなくて面倒。

EZYアンクルパンツはスーツとして使えて、チノパンなどのように気軽に洗えるという、スーツ屋泣かせのスラックスと言っていいでしょう。

チビがSサイズを履いてみた結果

身長162cmとチビである僕が実際にSサイズを履いてみました。

アンクルパンツという名前ですが、このように普通の丈のスラックスとして履けてしまいます。

洋服屋でジーンズやチノパンなどを履こうとすると、あまりにも裾が長すぎてお直しで困ることがあると思いますが、このパンツは逆に使いやすい長さに収まってくれます。

ちなみに靴下ナシだとこのような丈に。

足首がほぼ見えない長さですが、足元にクッションがつかないので、スラックスの上品さはキープしたままです。

スタイルに寄りますが、身長160cm前後の方なら同じような丈のバランスになるでしょう。

EZYアンクルパンツ(ドライex)との比較

このEZYアンクルパンツシリーズの、ウルトラストレッチドライexというものと比較してみます。

ドライexはウエストのボタンがパッチ式で、色が少し薄めの黒。生地が薄く、より乾きやすいのがドライexの特徴です。

左がウールライク、右がドライexを履いた写真です。

パッと見たところ違いはなさそうですが、ドライexはふくらはぎ付近でパンツにシワが寄ってしまいます。

スラックスは脚になるべく密着しないサイズが理想なんですが、脚が太い方だとシルエットが悪くなってしまう。生地が薄いのが原因ですね。

身長が低くて細身の方であればドライex、そうでない方はウールライクを選ぶのがベターです。着心地がいいので、僕はドライexを部屋着として使ってます。

結論としては、ウールライクのほうがより多くの方が履きやすいパンツといえます。

低身長男子のデメリット”短足”。これを逆手にとって、1年中使えるスラックスとして活用してみてください。

 

ユニクロ/EZYアンクルパンツ(ウールライク)

EZYアンクルパンツ(ドライex)の詳細が気になる方はこちらをご覧ください。

脚の太さ次第でオンオフ使える、ユニクロのEZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)ユニクロの定番となったEZYアンクルパンツシリーズ。 スラックスやデニムタイプなどバリエーション豊富ですが、その中で"ウルトラスト...