ファッション

かゆいけど化学繊維100%の洋服を着たい人の解決策【半袖の服・綿素材の肌着を選ぶ】

小柄の小松です。肌が神経質なのか、化学繊維の服を着ると”かゆみ・かぶれ”が起きやすい体質です。

敏感肌の人はポリエステルやレーヨンなど化学繊維の服を着ると妙な違和感を感じることが多め。

化学繊維が少ない服を選ぶのがベターですが、なかには好みのデザインだけど100%化学繊維が使われているという服があり、悔しいという方もいるのではないでしょうか?

「肌に合わないのはわかってるけどどうしても着たい」

そんな人でも今回の考え方を知っていると、どんな服をどう着たら肌トラブルを最小限に抑えられるかがわかるかと思います。

かゆいけど化学繊維100%の洋服を着たい人の解決策【半袖の服・綿素材の肌着を選ぶ】

今回の説明で使うのはこの洋服。

綿やウールが一切入っておらず、ポリエステル・レーヨン・ポリウレタンで作られた化学繊維100%の洋服です。

半袖で首元が開いてる服を選ぶ

まず特に重要なのは「長袖の服を選ばない」ということです。

化学繊維が肌に合わないということは、触れる面積が多いほどかゆみ・かぶれが起きやすくなってしまうということでもあります。

そこで当たり前といえば当たり前ですが、肌トラブルを最小限にしたい方は半袖を選ぶのが安全です。

長袖にヒートテックとエアリズムを合わせた結果【かゆい・かぶれる・乾燥する】小柄の小松です。今回は敏感肌の方が秋冬に着る肌着・インナー選びについて。 秋冬の防寒対策といえばユニクロのヒートテックが一般的だと...

そもそも僕が化学繊維で違和感を感じたのは長袖を着たときでした。

このときは長袖・肌着どちらも100%化学繊維の服を着ていたんですが、こうすると通気性が悪くなり、上半身が化学繊維で完全に覆われてしまいます。

実際に仕事に行きましたが、数時間で全身にかなりのかゆみが起きてしまい、すぐに着替えるという結果に。

このときはセーターの外に別の服を着ていたので着替えられましたが、セーター1枚で出掛けていたらどうすることも出来なかったと思います。なので長袖はまず避けたほうがいいです。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425974?utm_medium=mobile_app&utm_source=PDP&color=68

ちなみに半袖と長袖の中間である”5部袖”も避けたほうが安全です。

あとで書きますが、綿100%の半袖肌着を合わせて化繊に触れる面積を減らすときには5部袖だと厄介。

どうしても肌着でガードしきれず、袖まわりがかゆくなる原因を作ってしまうからです。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425974?utm_medium=mobile_app&utm_source=PDP&color=68

そして半袖を選ぶときは首まわりの形も気をつけたほうが安全です。

たとえば丸首のクルーネックTシャツといっても上記のように首元が詰まった形のものがありますが、これだと化繊が首に密着してかゆみが強くなり、通気性も悪くなりやすい。

着た瞬間に違和感を感じるはずなので、首が詰まってる服は買うのを諦めるのがベターです。

なので少なくとも首まわりにゆとりが出るクルーネック型、理想をいえばVネックなど襟元が開いてる服が適してます。

実際着ていると、洋服のかゆみは首まわりや袖先など”先端”で発生しやすいように感じます。肌との摩擦が起きやすい=かゆみに繋がっているのだと思います。

なのでどうしても化学繊維100%の服を着たいという方は、半袖タイプで首まわりにゆとりがある服を選ぶのが限界だといえるでしょう。

サイズを選ぶときも身幅にゆとりがあったほうがベターです。

綿100%の半袖インナーを合わせる

次に合わせるインナー(肌着)についてです。

肌着を着ないと上半身が化学繊維で覆われてしまうので、天然素材である綿100%の肌着をなかに着てあげる必要があります。

他の服に合わせる肌着のときは綿50%とかでも比較的問題ないのですが、なんせ今回は化繊100%の服を着てるので、可能な限り肌に優しい素材を合わせたい。

基本的に洋服の素材は裾脇のタグに書かれていることが多めです。

まずここを見て、綿やウールなど天然素材が100%使われているかどうかをチェックしてみてください。

そして肌着は袖のあるタイプを選ぶのがベター。

綿100%だと袖のないタンクトップなどもありますが、化繊から肌を守るために肌着は半袖にしてあげましょう。

首・袖先さらに脇など、ともかく”先端”を天然素材でガードしておけば、かゆみは最小限に抑えることができます。

肌着の裾を出して通気性を良くする

方法というほどでもないですが、最後に紹介するのは「肌着の裾を出す」ということ。

こうすると服の通気性が良くなり、化学繊維のかゆみを減らすことに繋がってくれるからです。

肌トラブルだけでなく、夏だったらこれで暑さ対策をできるので一石二鳥。

普通の肌着だと裾をズボンのなかにしまう想定で着丈の長いものが多いですが、たとえばユニクロのスーピマコットンTというシリーズがおすすめ。

綿100%かつ1枚で着れる長さの裾丈になっているからです(左はユニクロUというシリーズですが、近いものはユニクロにあります)。

化繊の服の着丈が少し長めなら、肌着のサイズ選びで裾を見せたり隠したりとオシャレな服装を考えることもできます。

ちなみにユニクロ以外だとヘインズ ジャパンフィットTという2枚組のものもあります。こちらも着丈は短め。

肌着の裾出しは必須というわけではないですが、心配な方はここまで気を使ってあげればトラブルを最小限に抑えられるはずです。

ということで化学繊維100%の服を着たいというときは…

・半袖で首元にゆとりがあればギリOK
・肌着は綿100%の半袖
・肌着の裾を出して通気性を高める

どれか1つを試すだけでも着心地はだいぶ変わってきます。

化学繊維100%の服は意外と市場に溢れており、買ったあとで気付いて違和感を感じるという方もいらっしゃるかと思います。

デリケートで個人差もある問題なので、これだけですべての人が解決できるという保証はありませんが、かなり肌への負担は減るのでぜひ一度試してみてほしいと思います。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...