ファッション

「大事な服を着るのがもったいない」が一番もったいない【汚れは思い出】

小柄の小松です。今回は”着るのがもったいない服”に対する考え方について。

「この服は大事なもので傷つけたくないから、今日着ていくのはやめておこう」

お気に入りの洋服ほどそう考えてしまうこともありますが、これが続くと、ほとんど着ないままその服を手放してしまうかもしれません。

けれど大事な服だからこそ、何回も着たほうがいい。今回はそんな話です。

「大事な服を着るのがもったいない」が一番もったいない【汚れは思い出】

繰り返しになりますが、その服が大事だから着る回数を減らすというのは一番もったいない話です。

そもそも洋服は放っておいても形が変わっていきます。

革靴を履いてれば脚の形に合わせてシワができたりしますし、ジーンズは洗濯を重ねたら色合いが変わるものが大半です。

つまり洋服は”ナマモノ”の要素が強く、買った当初の状態をキープし続けることは難しい。だったら何度も着たほうがいいじゃんという話です。

洋服は着倒すほどコスパがいい

まず”お金”という点で考えると、洋服は着た回数が多いほどコスパが良く、元が取れます。

これは”レンタル品”の考え方を使うとわかりやすいです。

たとえば1万円でレンタルした服を1回だけ着たとします。するとその服は1日1万円払ってレンタルしたことになります。

では1万円の服を10回着た場合はどうでしょうか?1日あたり1000円ということになるので、1回だけ着た場合よりも安くなります。

レンタルで説明しましたが、購入する場合も全く同じ考え方が当てはまります。

1万円で買った服を何十回と着てあげれば、高い服でも1日あたりの金額は下がっていくということです。

もったいないと考えて着るのをためらうほど、お金という意味ではコスパが悪くなってしまうんです。

ケア用品とクリーニングは何のため?

そうはいっても汚れるのはイヤと考えるのは自然なことです。

けれどそのダメージを最小限に抑えるために、クリーニングやケア用品があるのではないでしょうか?

僕はこの記事を書いた日、とあるイベントにこのブーツを履いて参加しました。

人が多くて激しい動きをするイベントだったので、終わった頃には多少の汚れが溜まりました。

けれど革製品は専用のクリームを使えば元の状態に近づけることができます。

さすがに泥だらけになるような場所に履いて行こうとは思いませんが、多少の汚れならケア用品を使ってキレイな状態に戻すことができます。

コートだったらクリーニングに出せばいいですし、セーターは毛玉ができたとしてもブラシ・毛玉取り機など便利なものが売っています。

洋服の手入れが面倒くさいのは事実ですが、そういった手入れを重ねることも長く使いたいと思えるキッカケになります。

クリーニングやケア用品というのは、服を長く使い倒すうえでは欠かせないことと言えます。

思い出は着た服とセット

ちょっとクサイ話をしますが、洋服は着れば着るほど思い出がセットで残ります。

どの場所にどの服を着ていったか。特別なイベントであるほど、そういったことは意外と覚えているもの。

映画や音楽なんかがそうですが、その時々で見たり聴いたりしたものは、状況まで覚えているからこそ何度も見直したくなったりしますよね。

洋服でも同じことが起こります。同じ服を何回も着てあげれば、そういった見えない思い出が洋服に染み込んでいく。

それを繰り返すことで”また着たい”と思わせてくれたりします。

新品に近い状態の服はもちろんキレイですが、洋服は時間が経てば汚れるもの。それは自然なことです。

放っておいても数年後には使えなくなってるかもしれない。新しい洋服が欲しくなったとき、ほとんど着てない服を代わりに捨てるなんてことになるかもしれません。

大事な服だから着るのがもったいない。それこそ一番もったいないことではないでしょうか?

寿命が短い”ナマモノ”である洋服。だからこそ、いま着れるときに目一杯使ってあげる。その繰り返しが毎日の生活を楽しくすることに繋がると思います。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...