ファッション

ダウンジャケットをコートと重ね着するコーデ【インナーで着膨れを防ぐ】

小柄の小松です。今回はダウンジャケットをコートのインナーとして使う方法について。

秋冬の寒さを凌ぎたいときは重ね着が便利ですが、ダウンジャケットをコートの内側に着ると着膨れして太って見えるなんてこともありがち。

かといってコートだけでは寒いので困ることもありますが、着膨れを防ぐ方法はあります。

今回の考え方を知っていると、スタイルを悪く見せずに防寒対策をするヒントが見えてくると思います。

ダウンジャケットをコートと重ね着するコーデ【インナーで着膨れを防ぐ】

ということでダウンジャケットとロングコートを重ね着するコーデの提案です。

下記に使用アイテムを載せてますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロU:リサイクルダウンジャケット(XS)
ユニクロU:ダブルフェイスオーバーコート(XS)
ユニクロU:オーバーサイズクルーネックT(M)
ユニクロU:ワイドフィットテーパードパンツ(XS)
ユニクロ×JWA:リブソックス(25〜27cm)
KLEMAN:FRODA(40)
アニアリ:レザートートバッグ
シルバーレイククラブ:革巾着ポーチ
ユニクロ×JWA:ヒートテックスヌード
ユニクロ×JWA:ニットグローブ(M)
agnes b.:ロゴピン
soe:ウォレットパールチェーン
amp japan:イヤーカフ
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気を付けたポイントを書いていきます。

インナーは半袖TシャツでOK

まずコートを羽織る前の段階から考えていきますが、ダウンジャケットの中に着る洋服は半袖TシャツでOKです。

冬にTシャツと聞くと寒そうですが、長袖のダウンジャケットはそれ単体で暖かいので意外とイケるもの。

ユニクロのウルトラライトダウンベストだと腕周りが寒くなりそうですが、長袖の下に半袖を着ても見た目に問題はありません。

そもそも半袖Tシャツをする理由ですが、これはダウンジャケットの着膨れを防ぐため。

長袖×長袖だと腕周りがパツパツになることがありますが、内側が半袖ならよりコンパクトにすることができます。

Tシャツは秋冬になると使う機会が減りがちですが、着膨れを防ぐためにはなかなか便利なアイテム。

身幅があるダウンジャケットならボタンやジップを閉じてもいいでしょう。

デザインに寄りますが、こうすると首元や裾からTシャツがチラッと見えるので、適度なアクセントとして映えます。

今回のダウンジャケットはカーキ・オリーブ系ですが、こういった土臭い色は地味でおじさんぽく見えやすい。

その場合は白Tシャツなど明るい色を使えば地味に見えにくい。合わせやすさを考えると、ダウンジャケットが他の色でも白Tシャツが1番簡単といえるでしょう。

ジャケットとパンツの色味を合わせる

腕周りの着膨れはTシャツで防げますが、次のポイントは合わせるパンツ選び。

今回はなるべく近い色のグレースラックスを使い、ダウンジャケットだけが悪目立ちしないよう工夫しました。

他にもパーカーで首まわりにボリュームを出しつつ上下を繋げるというアプローチもあります。

ダウンジャケットの襟まわりがスッキリしていて物足りなかったので、パーカーのフードでそれをカバー。

黒はすべての色のなかで1番細く見えるカラーなのですが、このときは逆に膨張色である白を足元に使い、ダウンジャケットのボリュームが目立たないようにしてました。

今回はパーカーではないですが、膨張色である白Tシャツを使っているのでダウンジャケットに負けないボリュームを出しています。

ネックレスやサングラス・イヤーカフを付けてるのも同じ理屈。

特にこのダウンジャケットは模様が目立つタイプなので、顔まわりの小物を増やし、ダウンジャケットが悪目立ちするのを防いでます。

好みが別れるアイテム達ですが、どちらにしてもダウンジャケットが浮かないように工夫する必要はあります。

ちなみにパンツはスーツ要素のあるスラックスですが、さらに革靴を使うことでなるべく大人っぽさをキープできるよう工夫しました。

目立つ先端に小物を散りばめる

ここまでのポイントをおさえたら、この上からコートを羽織ればOK。

ただし今回は元の着こなしが比較的シンプルなので、小物をなるべく多く使って地味にならないようにしています。

まずコートの襟にピンバッジを付けました。

ダウンジャケット・スラックスが落ち着いた色なので、明るいピンバッジを付けることで華やかな印象をプラス。

靴下もカラフルな色にして足元にアクセントを加えています。

白ソックスとかでもOKですが、今回は上半身ですでに白Tシャツを使っているので、足元に違うカラーを入れて変化が出るよう意識しました。

そしてスヌードと手袋ですね。足元だけでなく首・手首にも小物を使えば印象はだいぶ変わってくれます。

これならアクセントを増やしつつ防寒性も高めてくれるので、半袖Tシャツが不安という方でも問題ないはず。

コートやダウンジャケットは暗い色を持ってる人が多いと思いますが、だからこそこういった小物使いが活きてきます。

個人的には意外と靴下がポイントだと思ってます。

面積は少ないですが、足元が明るいだけでだいぶ印象が変わるもの。

他の服より安いので何点か持っていても損はないでしょう。

ということで今回のポイントは…

・インナーは半袖TシャツでOK
・ジャケットとパンツの色味を合わせる
・目立つ先端に小物を散りばめる

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...