ファッション

メンズファッションは”白の使い方”を知るのがポイント【低身長男子向け】

小柄の小松です。今回は洋服の着こなしをいまよりレベルアップさせる”白の使い方”について。

Tシャツやシャツ・スニーカーなど、シンプルなアイテムには必ずといっていいほど白が使われていたりします。

そしてそんな白の使い方を工夫していくと、オシャレな服装に磨きがかかり、スタイルを良く見せる効果を出すこともできます。

小さなことですが、とても大切なテクニックです。

メンズファッションは”白の使い方”を知るのがポイント【低身長男子向け】

洋服は派手な色から落ち着いた色まで、本当にさまざまなカラーがありますが、そのなかでも1番奥が深いといえるのが”白”です。

誰もがコーディネートに取り入れるような基本的な色ですが、白をどうやって使うかを考えていくと、着こなしの細かい部分をレベルアップさせることができるんです。

“チラ見せ”するだけで明るく・スタイル良く見える

白のすごいところは、小さな面積でも確かな存在感があること。

ほんの少しチラ見せするだけでコーディネートを明るくし、さらにスタイルを良く見せることができるんです。

全身が黒だらけの服装のなかに白が1点あると、それだけで明るい印象をプラスしてくれます。

明るい色は子供っぽく見えることもありますが、白はスーツ用のYシャツで使われるイメージもあり、上品な印象がある。少し特殊な色です。

色同士の相性もあまり気にせず、たいていの服装にプラスできる。白を挟めば解決するということもとても多いです。

もしこの服装に白が入ってなかったら、100%暗い配色でかなり地味な組合せになってしまうでしょう。

そして白はTシャツなどの洋服だけでなく、アイテムの一部分に使われることも多い色。

ここでかぶっているニット帽には白いタグが付いていますが、頭のてっぺんに目立つ白があると視線が上に誘導されて、身長を高く見せることにも繋がります。

コーディネートに自然な明るさを加え、身長を高く見せる効果もある。小さな面積ですが、万能なカラーだといえます。

白Tシャツを重ね着する

白を小出しで使う方法は主に2つあります。その1つがTシャツを重ね着することです。

セーターや長袖の服と組合せるだけで、複数の場所に白を散りばめることができます。

たとえばこの服装ですが、ブラウンセーターのなかに白いTシャツを重ねています。

白Tシャツを挟むことで、いつものコーディネートに色をプラスして地味な印象を防ぐことができます。

上下で服の色が違うと、脚の長さがクッキリと出やすいですが、裾から白Tシャツが見えてることで、腰位置をわかりにくくする効果もあります。

これは重ね着全般にいえることですが、違う色を挟むと腰の位置が通常より高い位置にあるような錯覚が起きます。

脚長に見せることが100%正解というわけではないですが、たった1枚のTシャツでスタイルを良く見せることができる。

テクニックとして知っていると便利です。

また、白い服同士を組み合わせるというパターンもあります。

この服装ではボーダーの長袖のなかに白Tシャツを入れていますが、白が2ヶ所あることで”色の統一感”を出しています。

こんなふうに、同じ色を複数の場所に散りばめることでオシャレな服装に見せるという方法もある。

増やしすぎると白の主張が強くなる場合もありますが、うまくまとまらないときは白の数を増やしてみるというのも効果的なのです。

アイテムのデザインを活用する

うえはTシャツを使った方法でしたが、アイテムのデザインそのものを活用するパターンもあります。

最初から白が組み込まれてるものを散りばめることで、地味な服装でも明るく見せてくれる場合があるんです。

たとえば秋冬だとこういったパターン。

ニット帽・セーター・マフラー、そしてスニーカー。それぞれ部分的に白が入っていますが、頭からつま先まで所々に散ってることで、少しだけ明るく見せることができます。

これは夏の服装でも使える考え方です。

夏に暗い服ばかりだと季節感がなくなってしまいますが、Tシャツやサンダルに白が入っていることで、ギリギリ地味にならない組合せにできる。

部分的に白が入ってるというアイテムは意外と多め。

1つひとつは小さな面積ですが、服装全体で見ると印象が変わることもあります。チリも積もれば山になるんですね。

たかが白、されど白です。どうしても服装がうまくまとまらない場合は、白をどこかに挟むというのをぜひ試してみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...