ファッション

ハンティングジャケットコーデにジーンズ(デニム)が合う2つの理由

小柄の小松です。今回はハンティングジャケットに合わせるパンツ選びについて。

最近はユニクロでも取り扱うようになったハンティングジャケット。もともとは名前の通り狩猟目的で作られたようで、昔ながらの男性的なイメージがある1着です。

そんなハンティングジャケットですが、合わせやすいパンツというのが存在します。タイトル通りですがそれはジーンズ(デニム)。特に青いインディゴデニムが最適です。

今回の考え方を知っていると、ハンティングジャケットの着こなしを考えるのが簡単になるかと思います。

ハンティングジャケットコーデにジーンズ(デニム)が合う2つの理由

ということでハンティングジャケットとジーンズを使った着こなし提案です。

下記に使用アイテムを載せてますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロ:ハンティングジャケット(XS)
ユニクロU:テーラードジャケット(XS)
ユニクロ×JWA:ローゲージクルーネックセーター(M)
ユニクロU:スーピマコットンTシャツ(M)
ユニクロ:セルビッジストレートジーンズ(29)
KLEMAN:FRODA(40)
アニアリ:レザートートバッグ
シルバーレイククラブ:革巾着ポーチ
ユニクロ×JWA:ニットグローブ(M)
amp japan:イヤーカフ
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気を付けたポイントを書いていきます。

ジーンズを使うとおじさんぽさが消える

まず1つめのメリットですが、ジーンズを合わせるとジャケットの”おじさんぽさ”が消えてくれます。

今回のようなグリーン×ブラウンのハンティングジャケットは暗くて地味な色なので、単体でみると少し古風な印象が出やすい。

それに対してジーンズは普段着として使うアクティブな印象のある服。言い換えると”若さ”のあるアイテムです。

つまり古風なジャケットに若さのあるジーンズを合わせれば、その中間のバランスを取ることができるんですね。

ところで単に若さをプラスするならネイビーのスラックスでもいけそうに感じます。

上下ネイビーのスーツを着てる男性ってどこか若々しく見えるじゃないですか?実際街中や電車で見ると、黒やグレーのスーツよりアクティブな印象があります。

けれど今回試してみたら違和感があり、どうもしっくりきませんでした。

これにはいろいろ理由があると思いますが、主な原因は素材の違いだと感じます。

今回のスラックスとジーンズはデザイン的に近いですが、大きな違いは素材の目立ち具合。

無地のスラックスは基本的にツルっとした風合いのものが多く、そのデメリットは地味な印象があることです。

それに対してジーンズは生地がデコボコしているので地味な印象が出にくい。

今回のハンティングジャケットは色が切り替わってることもあり、色・素材の主張が強いタイプ。

なので同じように主張が強いインディゴデニムを合わせれば、上下どちらかが浮くのを防いでくれるんですね。

最初のスラックスver.と比べて相性がいいのが実感できるはず。

スーツ要素のあるスラックスのほうが大人っぽくは見えますが、相性で考えるとジーンズのほうがバランスが取りやすい。

大人っぽく見せたいときはスラックスが効果的ですが、主張が強いアウターに合わせるときはジーンズがハマることもあるんですね。

着こなしやスラックスの種類によって変わってくる話ですが、1番簡単なのはジーンズではないかと感じます。

ストレートジーンズなら相性抜群

もう1つのメリットですが、これはジーンズがストレートタイプのときに効果を発揮します。

ストレートジーンズとは裾にかけて直線的な形になったジーンズのこと。簡単にいうと、スキニーより裾幅が広いパンツです。

そんなストレートジーンズの裾を靴に”かぶせて”使ってあげると、ハンティングジャケットの中途半端な着丈の長さを誤魔化すことができます。

たとえば足首が見える長さのアンクルパンツを合わせたとします。

この着こなしではイエローのTシャツを使ってジャケットの地味な印象を和らげましたが、今回のジーンズコーデより脚が短く見えているはず。

このジャケットの着丈はヒップが隠れるくらいの長さがあり、いってしまえば中途半端な着丈。実はこういった半端丈アウターを着ると短足に見える傾向があります。

そしてアンクルパンツを穿くと靴との境目がわかりやすい。つまり半端丈アウター×アンクルパンツはスタイルが悪く見えやすい組合せといえるんですね。

けれどストレートジーンズを靴にかぶせると、アンクルパンツより脚長に見せることができます。

靴下が見えないぶん靴との境界線が少し下がることになり、それが脚長効果に繋がってくれる。

今回合わせてる靴のヒールが高めというのも理由の1つですが、ストレートジーンズをかぶせてることでさらに脚長に見えています。

デニムという素材で若さを出しつつ、ストレート型で脚長に見せる。この2つのメリットを考えると、ストレートジーンズとは相性抜群なんですね。

革靴で大人っぽさをプラスしよう

そうはいってもジーンズは基本的にラフで子どもっぽく見えやすいアイテム。

いくら若さや脚長効果をプラスしても、子どもっぽくなりすぎるのはなるべく避けたいですよね?

そこで合わせる靴はスニーカーより革靴がベター。スーツのような大人っぽさを足せるので、ジーンズを使ってもバランスを取りやすくなります。

バッグをレザー素材にしてるのも革靴と同じ理由ですね。

ブリーフケースやクラッチバッグだとそれも”おじさんぽさ”に繋がる場合がありますが、トートバッグ型にすることでほどよく大人びた要素だけが出るようにしてます。

革靴はおじさんぽさがあるモデルですが、ジーンズをかぶせたことでデザインが見えにくくなったのであまり気になりません。

革靴やレザーバッグにはいろんな種類がありますが、ハンティングジャケットのような”古風な服”を着たときは選び方を工夫する必要があるでしょう。

ということで今回のポイントは…

・デニムはコーデに”若さ”を足せる素材
・ジャケットの半端丈が目立たなくなる
・革靴で大人っぽさをプラスしよう

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...