ファッション

ハンティングジャケットとテーラードジャケットの重ね着はアリ?【寒いならOK】

小柄の小松です。今回はハンティングジャケットに合わせるインナーについて。

着丈が短めのアウターはサッと羽織れて出先でも畳むのがラクで管理しやすいですが、ロングコートと比べると防寒性は低め。

ダウンとかなら平気ですが、生地が薄いアウターだと中がセーターでも寒い場合は多いです。

そこで今回はハンティングジャケット(生地が薄いver.)の防寒対策について。中にテーラードジャケットを着込むパターンについて書いていきます。

ハンティングジャケットとテーラードジャケットの重ね着はアリ?【寒いならOK】

タイトル通りですが、結論からいうと寒いなら重ね着してOKです。

ブランドや素材によってはテーラードジャケットを中に入れなくても暖かい場合があると思いますが、寒くて我慢するくらいなら重ねたほうがいいです。

見える面積が少なければ基本的にOK

今回ユニクロのハンティングジャケットを使ってますが、こちらは生地自体が比較的薄手。

秋までなら中にセーターを着るだけで問題なかったですが、冬が近づいてくるとさすがに寒い。

ジャケットをアウターと捉えるかは微妙なところですが、セーターとハンティングジャケットの間に別のアウターを挟む「アウターonアウター」を活用したほうがベターです。

たとえばこの着こなしですが、中央をよく見るとチラッとテーラードジャケットがハミ出てるのが分かるかと思います。

こういったテーラードジャケットは外から見える面積がかなり少なめ。つまり着こなしのバランスが崩れにくいんですね。

「オシャレは我慢」なんて言葉がありますが、寒さとか暑さってできれば我慢したくないじゃないですか?

なので見える面積が少なければ重ね着して使う。そう考えています。

他の服との色合わせだけ工夫する

重ね着してもほぼ見えないわけですが、できれば違和感のない着こなしにしたいという方もいるはず。

その場合は合わせる服との”色合わせ”を意識してあげるのがベターかと思います。

インナーアウターの色が悪目立ちしなければ「適当に合わせた」ようには見えにくいからです。

ということでこの着こなしではジャケットとジーンズで色味を近づけています。

今回はハンティングジャケットの色がグリーン×ブラウン。そしてジーンズは青です。

この組合せだと、たとえば黒いジャケットを合わせたら色が違うので浮きやすい。なのでジーンズと色が近いネイビージャケットを選びました。

ハンティングジャケットではないですが、たとえばメインアウターが黒ならインナージャケットも黒で問題ないでしょう。

同じ色が近くにあればジャケットが悪目立ちすることもないので、気にせず防寒性を高くできます。

重ね着をしたことで着こなしを立体的に見せるられるというメリットもある。

この場合のインナーはシャツですが、他の服が白黒モノトーンであれば問題ありません。

使っているのはグリーンのシャツ。むしろこれを挟むことで着こなしのアクセントになってくれるので、メリットの方が大きいかと思います。

「悪目立ちさせないために色合わせを工夫する」

気になる方はこれを意識すればOKです。

屋内で両方脱げばバランスは崩れない

それと細かい話ですが、インナーアウターは春夏素材の服でもOKだと考えてます。

ハンティングジャケットだけ脱いだら季節感がおかしくなりやすいですが、インナーアウターとセットで脱いでしまえば季節の印象を邪魔しにくいからです。

実際このジャケットはサラッとしたポリエステル素材のものですが、ジーンズとの色合わせ目的で選びました。

今回の場合はジャケットも脱げば上半身が秋冬セーターだけになるので、屋内でも秋冬っぽさはキープできます。

薄いジャケットなので真冬を凌げる服装ではないですが、気温によっては平気な場合もある。ジーンズの裾を靴にかぶせてるので足元は冷えにくく、手袋も付けてるので防寒性は高めてます。

ただし春夏の服がすべてOKということじゃないです。たとえば夏っぽさ全開のシワのあるリネンの服とかだと、いくら見える面積が少なくても違和感は出やすいでしょう。

ということで今回のポイントは…

・目立ちにくいジャケットなら基本的にOK
・他の服との色合わせだけ工夫する
・屋内で両方脱げばバランスは崩れない

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...