シンプル

小物は最小限あれば楽しめると気付けた【ミニマリストが買い直した持ち物】

小柄の小松です。今回は同じ物を買い直したことでファッションの幅が広がった話について。

洋服好きの人にとって、小物は着こなしを味付けしてくれる便利なアイテム。それを知ってると、ついたくさん集めたくなってしまうことも少なくありません。

以前、こんなツイートをしました。

一度手放した服を買い直していて気付いたのが、小物は1つあるだけでいろんな着こなしに使うことができるんだってこと。小物の数が少なくても、いろいろ試してみると新しい発見がある。
ずっと持ってたらわからなかったかもしれない。買い直して冷静になったからこれに気付くことができました。

以前紹介した小物を例に、これについて詳しく書いていきます。

小物は最小限あれば楽しめることに買い直したら気付けた

繰り返しになりますが、一度手放した小物を買い直したことで、最小限でも十分楽しめることに気付けました。

一度大量に手放したことで、本当に使いやすいものがどれなのかを考え直すことができたからです。

当初は小物をたくさん持っていました。ブレスレットやネックレスだけでなく、アンクレットやロングベルト数本などキリがないほどの量です。

でも多すぎてどれを使えばいいか迷っていました。そこで一度リセットして、本当に必要なものだけに絞って買い直してみることにしたんです。

その結果、少ない小物でアイデアを出すために必要だと感じたのが次の3つです。

①イメージに囚われすぎないこと
②工夫に工夫を重ねる
③少なくても掛け算式に広がる

1つずつ確認していきます。

①イメージに囚われすぎないこと

まず気付いたのは小物のイメージに囚われすぎないようにすることです。

この小物はこう使うものだと決めつけていると、新しい発想が出てこなくて、別の物を買い足すという流れになりやすいからです。

たとえばこのキーリング。当初購入を決めたのは、とある方がパンツのベルトループに引っ掛けて使っているのを見たからです。

はじめに買ったときはずっとパンツとセットで使ってました。最初のイメージが強かったから、それ以外の方法を考えようともしなかったんですね。

でも試しにボディバッグに使ってみたら、組合せ的に意外と悪くないことに気づきました。

バッグも小物もシンプルだからこういう使い方はアリだなと。

そしては別の小物と合わせたらどうなるか実験。こんな感じに発想が繋がっていきました。

もちろん試したアイデア全部が実際に使えるとは限りません。いざ洋服に合わせたらおかしくなるなんてこともあります。

けれどパンツに引っ掛けるという1パターンしかなかったのが、じっくり考えているみることで数パターンに広がりました。

最初のイメージを引きずっていると、新しいアイデアの邪魔をしてしまうかもしれません。

小物の形をじっくりみて、ダメ元でいいのでいろいろと試してみるのはオススメです。

②工夫に工夫を重ねる

1つアイデアを思いついたら、その工夫にさらに工夫を重ねてみるという発想もおもしろいです。

たとえばこのキーリングはフックを外すことができますが、別に外すのを1つだけにする必要はない。

2つ外して付け替えることで、洋服の着丈に合わせていくらでも調節することができます。

買い直す前はフックは1つ外すという発想しかなかったですが、小物の数を絞ったことでこういった発想が生まれてきました。

1つ工夫を思いついたら、その工夫をさらに深掘りしてみる。小物単体でも新しい使い方を発見しやすくなります。

③少なくても掛け算式に広がる

イメージに囚われず工夫に工夫を重ねると、少ない小物でも掛け算式にバリエーションが増えやすくなります。

小物×バッグ×洋服という感じで、同じ小物でも着こなしによって印象を変えることができるからです。

同じ小物の組合せでも、バッグの種類を変えるだけで見せ方に違いが出せます。

少ないピースで作るパズルのようなイメージですね。それぞれが合わせやすいアイテムであるほど引き出しは増えていきます。

結局2,3個は持ってないとダメじゃんという話ですが、それでも単体で使うものを10個持ってるよりはずっといい。お金もかからず迷いも減らせます。

最小限で掛け算式にバリエーションを増やす。シンプルな小物だからこそできる発想です。

同じものを買い直すのはお金がかかるのでムダなことかもしれません。結果論じゃんといえばその通りです。

でも一旦手放したから気付けたことがある。1つを深掘りすることの大切さを、このキーリングから学ぶことができました。

 

アニエスベーのキーホルダーが重ね着で使いやすい理由【低身長男子ファッション】小柄の小松です。今回はオールシーズン活躍してくれるキーホルダーについて。 パンツにキーホルダーを引っ掛けてチラ見せする着こなしが去...
KAIKOのレザーネックバッグはファッション・通勤でも使える最強のカードケース。ファッションにハマりすぎると、快適さ・機能性から外れたりして、日常生活とかけ離れたアイテムばかりで埋まることもあります。 オシャレ...