ファッション

ユニクロの”でかいTシャツ”はタックインすれば丈の長さを誤魔化せる

小柄の小松です。今回は大きめTシャツを使った着こなしについて。

着丈の長いTシャツはそのまま着るとダボついた印象が出やすいですが、いくつか工夫をするとダラしなさを減らすことができます。

そしてその方法の1つが、Tシャツの裾をパンツのなかにしまう”タックイン”を使うこと。

今回の考え方を知っていると、長いTシャツの活かし方や、タックインが上手く決まらないときの解決策が見えてきます。

ユニクロの”でかいTシャツ”はタックインすれば丈の長さを誤魔化せる

ということで今回はユニクロUのクルーネックTシャツをタックインする着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロU:クルーネックT(M)
UNITED ARROWS:ブラックポンチ1プリーツパンツ(M)
シックストックス:ツートーンソックス(M)
PADRONE:ベビーカーフローカットシューズ(40)
アニアリ:レザートートバッグ
Paul Smith:オーバーチェックキーリング
テンデンス:ラウンドガリバー
amp japan:オーバーラップフラットリング(17号)
assaisoner.:グラスコード
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

スラックスにそのまま合わせるとダボダボ

今回は着丈の長いTシャツにスラックスを合わせる場合のアプローチですが、この組合せでそのままTシャツを着るとあまり形が綺麗に見えない場合があります。

スラックスは身体にピタッとフィットするわけではなく、太ももから裾にかけて段々細くなっていく形。細身のジーンズと比べるとゆるいシルエットです。

そうすると上下がゆるゆるになってしまい、綺麗な形に見せるのが難しくなってしまうんですね。

普通に合わせるとこんな感じです。

スラックスの腰位置がちょっと低いので、下半身に少しシワができてよりダボダボな雰囲気が増してる状態。

こういった上下どちらもゆるい組合せの場合、特に身長が低いと全体的にダラしない印象が出やすくなってしまいます。

そこで今回はTシャツの裾をパンツのなかにしまうタックインをしています。

これは”Aライン”という形を意識した方法です。

Aラインとは着こなしにメリハリをつくるためのテクニックの一つ。わかりやすくいうと”上が細く、下が太いシルエット”という意味です。

上半身を小さくまとめることで、下半身の緩さを活かすことができる。

それ以外にも工夫してる部分はありますが、同じTシャツでもタックインするとバランスを整えやすくなるというメリットがあるんですね。

キーリングを使った腰回りの体型隠し

ただしタックインにはデメリットもあります。スタイルの悪さがバレやすいということです。

腰位置がクッキリわかるようになるので、腰回りの太さ・脚の短さなどが目立ちやすくなる。

それを解消するために、腰からキーリングを垂らすという方法を取り入れてます。

キーリングを使うと目線を少し腰からズラすことができます。

試しにキーリングの部分を指で隠してみてください。ただでさえ悪いスタイルがさらに強調されて見えませんか?

Tシャツからキーリングが繋がって見えていると、上半身をコンパクトに見せつつ、腰位置だけが目立たないようにできる。

小物を使ったことで、無地のTシャツ・スラックスという地味な組合せに変化を付けるというメリットもあります。

タックインが”膨らむ”ときの解決策

そして今回のもう1つのポイントは白い靴下を履いてること。

これはTシャツをタックインしたときの”腰回りの膨らみ”を目立たなくさせるためです。

タックインは裾を緩くしまうと腰位置を目立ちにくくできるんですが、そのぶん腰回りに広がりができやすい。

裾にスリットがあるTシャツのほうが目立ちにくいのですが、今回は普通のTシャツ。この膨らみが目立つと腰回りに目線が行きやすくなってしまう。

なので明るい白ソックスを履くことで腰回りだけが目立たないようにしました。

白ソックスなんて使ったら短足に見えそうですが、キーリングを使って腰位置を目立たなくしてます。極端に短足に見えないギリギリのバランスを意識した組合せです。

ちなみに合わせるバッグですが、リュック等ではなくこういった手持ちできるバッグがベターです。

今回は上が細くて下が太い”Aライン”を意識してるので、バッグを手持ちして下半身のボリュームを増やすことで上下のメリハリが出るようにしました。

バッグの色は黒以外でもどうにかなりますが、色数が増えると子どもっぽく見えやすいので落ち着いたカラーのものが安全です。

最初の黒バッグより明るいですが、素材はスーツの印象に繋がるレザー素材にし、Tシャツと色味の近いものを使って色数が増えないよう意識しました。

少なくともリュックより手持ち式のバッグのほうがバランスが取りやすいというポイントだけおさえれば問題ないかと思います。

ということで着丈の長いTシャツにスラックスを合わせるときのポイントは…

・タックインでAラインを意識する
・キーリングや白靴下で腰位置を目立たなくする
・リュックより手持ちできるバッグがベター

持ってるTシャツのダボつきが気になる方は、ぜひ今回の考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...