ファッション

ラグランスリーブのコートが似合わない解決策【帽子・ストール・メガネ】

小柄の小松です。今回はラグランスリーブコートの着こなし方法について。

肩に縫い目がなくて動きやすく、普通のコートよりもラフな雰囲気を出せるラグランスリーブ。

けれどそういった緩いシルエットのコートは、合わせ方によっては似合わないと感じることも多いのではないでしょうか?

ラグランスリーブコートの解決策はいくつかありますが、今回は秋冬のアイテムを使って誤魔化す方法を書きたいと思います。

ラグランスリーブのコートが似合わない解決策【帽子・ストール・メガネ】

ということでラグランスリーブコートを使った着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
Barbour:ニューバーレーCN(36)
GU:ポンチモックネックT(M)
無印良品:ヤク混ウールセーター(L)
ユニクロ:セルビッジジーンズ(30)
PADRONE:ジョッパーブーツ(40)
agnes b.:ナイロントート
KAIKO:レザーネックバッグ(S)
ユニクロ:リブビーニー(白タグリメイク)
ユニクロ×イネス:ダブルフェイスストール
JINS:ワイドシートメタル

少し暖かい冬の日を想定した服装。この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

視線を”肩以外”に誘導する

ラグランスリーブ型のアウターを着こなすときのただ1つのポイント。それは視線を”肩以外”に誘導することです。

誘導というと堅い表現ですが、要は肩以外に目立つアイテムがあればラグランスリーブのダラシない印象が隠せるということなんですね。

今回使っているコートの記事でも書きましたが、1番簡単なのはリュック。

リュックを肩がけすればショルダーストラップが目立ち、そもそも肩に縫い目がないこと自体を隠すことができるからです。

じゃあリュック以外ではどうすればいいかという話ですが、バッグ以外の小物でも視線を誘導することができます。

今回の服装だとニット帽やメガネ、さらにマフラー・ストール類がそれに当てはまります。

白いタグがついたニット帽はそれだけで目立ちますし、ストールも中央でグルグル巻いているので、コートの肩部分がほとんど目立たないようにしてくれるんですね。

真ん中に目立つアイテムがあると、自然と目線がそっちに行くという不思議。

「目立つモノは別のアイテムで誤魔化す」

帽子・ストール・パーカーなんでもいいですが、大きな面積のアイテムで視線誘導するという考え方をまず意識してみてください。意外と簡単です。

ロングコートとブーツの相性

ところで今回の服装ですが、足元は普通の革靴ではなく、ブーツを使っています。

足元の防寒対策のために履いてるのが大きいですが、ロングコート+ブーツには帽子を足すとバランスが取りやすくなります。

ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、着丈の長いロングコートにブーツを合わせるとキメすぎな組合せに見えやすいからです。

ロングコートはスーツ要素のある大人びたアイテム。ブーツはミュージシャンが履いてるようなイメージもある。全体的にラフな要素が少なくなってしまうんですね。

とはいえこのブーツは比較的丸みのあるタイプ。

そこまでキメすぎな印象は出ないんですが、それでもスニーカーや普通の革靴よりはシャープなイメージが出てしまうもの。

そこでラフな印象のあるニット帽と組合せれば、コートやブーツの印象を和らげることに繋がってくれます。

帽子自体が目立つので視線が上にいきやすく、身長も少し高く見せられます。

さらにジーンズをブーツの上からかぶせているので脚の境目がわかりにくく、スニーカー・革靴よりも脚長効果を出せるというのもポイント。

細かい話ですが、ブーツも組み合わせるアイテムによって相性が変わってくるんですね。

バッグの装飾を革小物で増やす

それと今回はトートバッグを手持ちしてますが、少し細工をしています。

カードケースを付けてバッグの装飾を増やすようにしました。

バッグの持ち手に革紐を通して、その革紐にカードケースを取り付けている状態になります。

この革紐ですが、もともとはアニアリーというショルダーバッグの付属品。

そのままだとバッグにカードケースを付けられなかったので、革紐と合わせて自然な組合せになるようにしました。

わざわざカードケースを付けなくても良さそうですが、色数の少ないシンプルな服装になっていたので、こういった小さな変化をつけました。

ニット帽・ストールで上半身にボリュームが出てるので、増えすぎた装飾を上下で整えるという”つり合い”も意識しています。

✳︎この”つり合い”の考え方については別記事で詳しく書きます。

色や柄だけでなく小物の数でも服装に動きはつけられる。普段なにげなく使ってるモノでも、活かそうと思えば活かせるということになります。

アイテム単体が似合わなければ、他の小物で調整してうまく誤魔化す。”低身長”などのスタイルの悪さはいくらでも目立たなくできます。

ラグランスリーブコートだけではなく、洋服全般にいえることなので、手持ちの小物でいろいろと試してみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...