ファッション

黒スキニー+大きめサンダルが似合わない理由【メンズならスラックスが簡単】

小柄の小松です。今回は「夏のサンダルが似合わない」を防ぐ方法について。

サンダルはスニーカー・革靴と比べると履きやすさが魅力的。けれど服の合わせ方によっては「なんか違和感がある…」と感じるときも多いのではないでしょうか?

今回はサンダルに合う長ズボンについて。この考え方を知っていると”夏のパンツ選びのポイント”が見えてきます。

黒スキニー+大きめサンダルが似合わない理由【メンズならスラックスが簡単】

ということで大きめサンダルにスラックスを合わせた着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロU:オーバーサイズクルーネックT(M)
ユニクロ:コットンノースリーブT(XL)
ユニクロU:ワイドフィットテーパードパンツ(70)
ヘンリー&ヘンリー:エナメルタッセルサンダル(39)
ネオンサイン:バケッドバッグ
テンデンス:ラウンドガリバー
amp japan:オーバーラップフラットリング(17号)
Paul Smith:ブルーレンズサングラス
assaisoner.:グラスコード

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

黒スキニーよりスラックスが簡単な理由

まずサンダルの特徴の1つに「普通のスニーカーよりボリュームがある」というのがあります。

そうすると合わせる服があまりに細身の場合、サンダルの大きさだけが悪目立ちしてしまう。それが全体で見たときに違和感が出る原因になってしまうんですね。

たとえばこんなふうに黒い細身のジーンズ”黒スキニー”を合わせた場合。昔の僕の失敗例です。

このときは太ももから裾までピタッとしたサイズのものを穿いていますが、その影響もあってサンダルの大きさだけが強調されています。

これはパンツの形だけではなく、黒が他のどの色よりも暗いカラーであることも理由の1つ。

洋服の着こなしではメリハリをつけるという方法もありますが、この場合はメリハリではなく”悪目立ち”になってしまうんですね。

そこで大きいサンダルに合わせる長ズボンですが、一番簡単なのはスラックスです。

スラックスは黒スキニーと比べると、太ももから裾まで適度にゆったりした形。

けれど細身な印象自体はキープできるという便利なアイテムです。

こういった適度にゆとりのあるパンツを選ぶと、サンダルだけが浮くのを防ぐことができるんですね。

スラックスは選び方を間違えるとパツパツな印象が出てしまうこともありますが、サンダルの違和感をラクに解決してくれる点はかなり便利。

そもそも真夏のスキニーは暑いので、季節に合ったイメージを考えてもスラックスのほうがバランスがいいといえるでしょう。

大きさに合わせてスラックスの色を明るくする

またサンダルといってもいろんな形がありますが、より大きいサイズのときはスラックスの”色”を意識してみるのがベター。

特に右のようなシャワーサンダルと呼ばれるものは、横幅があってボリュームが出やすい。

ですがそのボリュームに合わせてスラックスの色を明るくしてみると、バランスが取りやすくなります。

スラックスはスキニーよりもゆとりのあるパンツだと書きましたが、色を明るくすればさらにボリュームを出すことができるからです。

たとえば今回の場合はチャコールグレーのスラックスを使っています。

黒やネイビーと比べると色が明るいのがわかるかと思いますが、こうすることでサンダルだけが悪目立ちするのを防ぐことができるんですね。

ちなみに今回の考え方は長ズボンだけでなく、短パンでも同じことがいえます。

画像の短パンは黒ですが、横幅のあるゆったりした形なので大きいサンダルに負けないボリュームを出せています。

ゆったりした短パンでも違和感が出るなら、パンツの色を明るくしてあげればいいということ。トップスの形・色も工夫が必要になってきますが、サンダルが浮くのは防げます。

ということで今回のポイントは…

・大きいサンダルに黒スキニーは難しい
・適度にゆとりのあるスラックスのほうが簡単
・サンダルに合わせてパンツの色を明るくする

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...