ファッション

ハーフパンツの服装ではTシャツの丈の長さに注意【重ね着で腰位置を隠す方法】

小柄の小松です。腰まわりが太いのでトップスは長い丈のサイズを選ぶことが多めです。

腰まわりが太い体型の場合、腰位置を隠すために服の着丈を少し長くするのが理想的ですが、洗濯を繰り返したら縮んで短くなってしまうなんてこともありがち。

特に夏のTシャツを使った服装では体型を隠せるテクニックが限られてきます。けれどなるべくスタイルは良く見せたいですよね?

今回はTシャツと短パンを合わせたときの体型隠しについて。この考え方を知っていると、通常よりスタイルを良く見せることができます。

ハーフパンツの服装ではTシャツの丈の長さに注意【重ね着で腰位置を隠す方法】

ということで短パンと”丈が少し短いTシャツ”を使った着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロ:ドラえもんグラフィックT(BeefyのM)
ユニクロU:スーピマコットンTシャツ(M)
ユニクロ×セオリー:感動イージーショートパンツ(S)
Amb:レザーグラディエーターサンダル(38)
ネオンサイン:バケッドバッグ
テンデンス:ラウンドガリバー
assaisoner.:グラスコード
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

裾丈が短いとスタイルが悪く見えやすい

繰り返しになりますが、腰まわりが太めの男性はトップスの着丈が短いとスタイルが悪く見えやすくなります。

丈が短ければ腰位置がバレる。するとどこからが上半身でどこから下半身か目立ってしまうのです。

今回は上下ともに黒を使っていますが、Tシャツと短パンの境目が少しだけ目立つように見えないでしょうか?

これは短パンの裾が横に広がっていることも大きいですが、Tシャツの丈が短いことも原因の1つ。

大きいサイズの短パンが似合わないときのメンズの解決策【裾幅の広がりが理由】小柄の小松です。今回はサイズがゆったりしたショートパンツの着こなしポイントについて。 脚にぴったりとフィットした短パンは好印象を持...

上の記事では色が明るくて装飾の入ったTシャツで短パンの広がりを誤魔化す方法を紹介しました。

今回のTシャツは明るいポケットが入っていますが、丈が短めなのでどうしても腰位置が目立ってしまう。

そこで試してみてほしいのが、中に別のTシャツを重ね着するという方法です。

白Tシャツを裾から出す

今回のポイントは白Tシャツを重ね着すること。

少し長い白Tシャツを合わせて、裾から白をチラ見せするという方法です。

実際に重ね着するとこんな感じ。

白Tシャツのほうが着丈が長いので、2枚の服の”着丈の差”を利用して腰まわりに白を足しています。

白Tシャツのありなしを比べると、右のほうが短パンの裾の広がりが目立ちにくく、黒Tシャツの短さもわかりにくくなってると思いませんか?

重ね着で腰まわりが切り替わってると、腰位置が通常より上にあるように感じ、脚を長く見せることに繋がってくれるんですね。

「夏にTシャツ2枚なんて暑くて着てられない!」と感じる方も多いと思います。

たしかに真夏だと厳しい場面もありますが、今回の白Tシャツは肌着も兼ねて着用しています。

Tシャツは多少厚みがあっても単体で着ると乳首が浮き出やすくなってしまうもの。

そこで中に肌着を合わせるのがベターなわけですが、その肌着を体型隠しのために活用するというのが今回の考え方。

さらに肌着の裾を出してるので、パンツの中にしまうよりは涼しい状態になってます。

なので実際に着てみると、長い肌着をパンツの裾にしまうときと涼しさはあまり変わりません。

白い服の重ね着は春や秋冬だけでなく、夏にも取り入れてほしい便利なテクニックといえます。

肌着が袖から見えるとカッコ悪い

ただし、今回の白Tシャツはもともと肌着用ではないので袖丈は長め。

そのまま重ねると袖から白が出てくるので、ダラしなくてかっこ悪い形に見えてしまいます。

そこで白Tシャツは袖先を2回ほどまくっています。

こうすることで袖から白がハミ出すことなく、ダラしなく見えないようにしました。

首まわりに関してはもともと白Tシャツのほうが襟が細くて広がった形なので、白はハミ出ません。

黒TシャツはヘインズのビーフィーTというシリーズですが、逆にこちらは襟が太く首まわりが少しだけ詰まった形。両方の特徴をうまく活かせる組合せです。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/422988?utm_medium=mobile_app&utm_source=PDP&color=00

とはいえそんな都合のいい組合せはなかなかないので、たとえば半袖白Tシャツではなくタンクトップを重ね着するというのが現実的。

今回の目的は裾から白をチラ見せするのが目的なので、黒Tシャツより裾丈が長ければ条件は満たしてくれます。

手持ちのすべてのTシャツと合うタンクトップを見つけるのは難しいですが、着丈の短いTシャツを活かすうえでは便利な発想です。

ちなみに今回サングラスと眼鏡ホルダーを使ってますが、これは視線を顔まわりに誘導させるためです。

明るい白は目立つので、それに負けない小物を顔まわりに増やして、なるべく身長が高く見えるよう工夫しました。帽子をかぶるというのもアリです。

ということで今回のポイントをまとめると…

・着丈の短さは腰回りの”白”で誤魔化せる
・半袖Tシャツorタンクトップを使う
・顔まわりに視線がいく小物を足す

着丈の短いTシャツを使ってスタイルを良く見せたいときは、ぜひ今回の考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...