ファッション

Tシャツ・短パンが子供っぽくならない着こなし【色・小物・シルエット】

小柄の小松です。今回はラクな服装でも大人っぽくする短パンの使い方について。

真夏を涼しく過ごそうと思うと、Tシャツ・短パン・サンダルなどを使いたくなりますが、ラフなアイテムの組合せはどうしても子供っぽく偏りがち。

オシャレと快適さの両立は難しいですが、なるべくラクに過ごせる服装というテーマで着こなしを考えていきたいと思います。

Tシャツ・短パンが子供っぽくならない着こなし【色・小物・シルエット】

ということでTシャツ・短パンを使った着こなしを提案します。

今回使うアイテムは下記のとおりです。

使用アイテム
眼鏡:JINS ファインフィットシートチタン
Tシャツ:post amenities PerfecTee
短パン:ユニクロ スイムアクティブショートパンツ
サンダル:Amb レザーグラディエーターサンダル
時計:Tendence ガリバーラウンド
バッグ:NEON SIGN バケットバッグ

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

上下を同色にまとめる

今回の最大のポイントはTシャツと短パンの色を同色に合わせていること。

どうしても子供っぽい印象が強いアイテムなので、色数を抑えることで大人っぽさに繋げるようにしています。

ユニクロのスイムアクティブショーツは黒ですが、グレーともブルーとも取れる色合いなので同色に近い合わせになっています。

アイテムの素材も上品さが出るものをチョイス。

Tシャツはペラペラ・ガサガサなものを避けて滑らかでツヤが感じられるものを。短パンはチノ・デニム素材よりも大人っぽさのあるナイロンのものを合わせています。

上下ダークトーンは長袖・長ズボンでやるとかなり重たく見えてしまいますが、肌の露出が多い着こなしであればそこまで重たさが出ずにすみます。

素材に気をつけつつ上下を同色にする。これだけでも大人っぽさをキープすることができるでしょう。

Tシャツ・短パンの”繋ぎめ”に注意

短パンを使った着こなしで注意したいのは、トップスとの”繋ぎめ”の部分。

短パンの幅に合わせて、Tシャツも身幅にゆとりがあるものを選んでいます。

夏の短パン選びのポイントの1つに”裾が拾いものを選ぶ”というのがありますが、短パンだけが広がっていると腰回りに違和感が出て、綺麗なシルエットに見えづらい。

今回のネイビーTシャツはそこまで身幅が広いわけではないですが、少しだけ着丈を長くしてるので、短パンとの繋がりが良くなるギリギリの範囲。

夏の半袖短パンはラクですが、春秋冬と比べると体型のごまかしが効きにくいので、繋ぎめは特に慎重になる必要があります。

バッグで高級感を出す

ラクをするというのがテーマなので、バッグはかなり小ぶりなものを使っています。

ただし気をつけたいのが、小ぶりバッグでもなるべく高級感を出してあげること。

クラッチバッグやトートバッグと比べると大人っぽさに欠けるので、素材に高級感のあるものを選んだほうがいいでしょう。

このバッグは持ち手部分がレザー。

面積は少ないですが目立つ部なので、これだけでも大人っぽい印象がプラスされています。

ボディはコットンですが、とても滑らかな生地なので、小ぶりでもとても存在感のあるバッグです。

バッグなんてなんでもいいじゃんと思うかもしれませんが、小物はデザインや大きさ、素材が違うだけで全体の印象をガラッと変えてしまうもの。

アイテム1つでバランスが変わるので、最後の最後でどのバッグを合わせるか、ジックリ考えてみるのもおもしろいと思います。

気分はもう秋冬という方もいると思いますが、夏ファッションは深掘りしていくと難しさと楽しさ両方を感じることができます。

夏の着こなしで気づけたことはそのまま秋冬でも活かせると思うので、ぜひ手持ちのアイテムでいろいろと試してみてください。

 

ダサくならない低身長男子の夏の短パンコーデ【脚長効果でスタイルよく】小柄の小松です。今回は短パンを使って脚をスッキリ長く見せる方法について。 暑くなってくると、ロング丈のパンツを履くのがしんどいと感...
低身長男子がMB氏の"ドレスとカジュアルのバランス"で失敗しないコツ小柄の小松です。今回はファッションブロガーMBさんの理論について。 メルマガ読者数1万人以上のMBさんのコンテンツ。その骨組みとな...