ファッション

ユニクロのウルトラストレッチアクティブショートパンツを手放す理由

小柄の小松です。今回は断捨離することにしたユニクロの短パンについて。

短パンは夏を涼しく過ごすうえで便利なアイテム。

ユニクロからは形や素材の違うものがいくつも展開されていますが、2019年に買ったスポーツ用のショートパンツを手放すことにしました。

ユニクロのウルトラストレッチアクティブショートパンツを手放す理由
(

ということで手放すのはこちらのユニクロのウルトラストレッチショートパンツ。

実は形はとても気に入っていたんですが、洋服の着こなしを考えるうえで1点だけ不便な点がありました。

スポーツ用の短パンは素材が目立つ

このウルトラストレッチパンツ、形自体はとても綺麗です。

短すぎない丈の長さ、脚が太くてもパツパツにならない横幅の広さなど、使いやすい形の短パン。

けれどこの短パンはあくまでスポーツ用を前提としたアイテム。

ウルトラストレッチという名前のアイテムは長ズボンにもありますが、生地の見た目は完全に運動用だということがわかる風合い。

形は整っていますが、街着として使うのは少し難しさもありました。

どうしても短パン自体のスポーツ要素が強いので、洋服の着こなしとしては上半身にシャツなどの大人びたアイテムを合わせる工夫が必要になってきます。

運動用の短パンなので、他の服でスーツ要素を足してバランスを取るという考え方です。

手持ちのEZYアンクルパンツもウルトラストレッチという名前が付いていますが、こちらはスラックスが原型。

スラックスはスーツで使われる大人びた要素のあるアイテムですが、それをスポーツ要素のある素材にすることでバランスが取れています。

つまり同じウルトラストレッチでも元のデザインにスーツ要素があれば、スポーツ用・部屋着用のイメージは見た目に出にくいということになります。

今後メインで使う黒い短パンは、ユニクロ×セオリーの感動イージーショートパンツ。

薄くて洗濯後に乾きやすいというのは同じですが、こちらはウルトラストレッチよりはスポーツ要素が目立たない素材や形。

画像で伝えるのは難しいですが、こういった生地の違いは結構見た目に影響するので、感動パンツに買い換えるという形を取りました。

ユニクロ×セオリーの感動イージーショートパンツのサイズ選びは小さめ推奨小柄の小松です。今回はゆったりサイズの短パンについて。 短パン(ショートパンツ)は夏の暑さを凌ぐときに便利なアイテムですが、軽くて...

ランニング用としては1番便利

素材がスラックスのイメージに近いという理由で感動ショートパンツに買い換えましたが、普段使ううえで便利なのはウルトラストレッチのほうでした。

特に右側についたジップポケット。

僕は気まぐれでランニングをすることがあるんですが、スマホで音楽を聴きながら走るので普通のポケットに入れると落としそうで不安。

けれど上のジップポケットにしまっておけばスマホを失くす心配はなし。まさに運動用としてはこれ以上ないくらい便利なショートパンツだったんです。

今回はあくまで洋服の着こなしとしての使いやすさを基準に考えたので、僕は感動ショートパンツを優先しました。

「別に短パンの着こなしなんて気にしないから、とにかく便利なものが欲しい」という方はウルトラストレッチのほうが適していると思います。

現在持ってる短パンは2つ。感動ショートパンツと、水陸両用のスイムアクティブショーツです。

どちらも表記上は黒ですが、スイムアクティブショーツはなぜかネイビーっぽく見えるので、手持ちは黒とネイビーの短パンが1本ずつあるような状態です。

黒とネイビーは一見似ていますが、服装によって使いわけることで着こなしにバリエーションを持たせることができます。

洗濯することも考えると2本あったほうが便利なので、短パンは2本持つというのが来年以降も定着しそうです。

というわけで素材が理由で断捨離を決めたウルトラストレッチアクティブショートパンツ。

僕はあくまで洋服の着こなしという点で手放しますが、スポーツ・部屋着用として1本欲しいという方はユニクロ店舗で一度手に取ってみてもいいと思います。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...