ファッション

soeの2017年春夏スプリングコートのデザイン・シルエット・色の特徴

小柄の小松です。今回は人気ブランドsoe(ソーイ)の2017年春用コートについて。

男性が着るロングコートにはいろんなデザインのものがあります。

チェスター・トレンチ・ステンカラー・モッズコートなど。それぞれに良さがあって、着こなし方も微妙に違ってくるものです。

けれどなかには一言では表現できない形のロングコートも存在します。それが今回紹介するsoeのコート。

洋服のデザインに対する考え方がガラッと変わる。そんな衝撃が詰まったアイテムです。

soeの2017年春夏スプリングコートのデザイン・シルエット・色の特徴

こちらが今回紹介するsoeのコート。2017年春夏のモデルで、素材がコットンの春用コートです。

パッと見た感じは少し装飾の多いチェスターコートにも見えますが、実はこのコート、複雑なデザインになっていてとてもおもしろいのです。

ただのチェスターコートじゃない複雑なデザイン

男性が着るロングコートはチェスター、トレンチなと分類できるものが多いですが、この服は〇〇コートだと言い切れるデザインではありません。

チェスター・トレンチ・ステンカラー・モッズコート。1つの服にこれらの要素がすべて詰め込まれているからです。

まず襟から見ていきましょう。

スーツジャケットのラペルのように襟が寝ている形。一般的なチェスターコートに近いデザインですが、このコートは襟が少し大きめサイズに作られています。

右がユニクロのチェスターコート。ユニクロと比べると襟はかなり大きめなのに、長さは短くなってるのが分かるかと思います。

この襟の形、実はトレンチコートの襟にとてもよく似ているんです。

右がユニクロのトレンチコート。

soeのコートはチェスター型でありながら、トレンチコートのように大振りの襟です。

顔まわりに大きなデザインのものがあると、対比で小顔に見せやすくなるんですが、その小顔効果をミニマルなデザインで表現していることになります。

ちなみに腰回りには帯とループが付いています。

これもトレンチコートを意識したデザインで、帯を引っ張るとウエストを調整することができます。

そしてこの帯のすぐ下にはもう1つウエストを絞るコードが付いています。

腰回りにウエストコードが付いているのはモッズコートに見られる特徴。それをあえてトレンチの帯と重ねるように付けています。

どちらか片方しかないものを組合わせて、デザインの密度を高めているという少し変わったデザインなんです。

さらに下の縦向きポケット。こちらはジップで開閉できるタイプになっています。

ジップは鈍い色味のアンティークゴールド。このポケットはMA-1ブルゾンなどの軍用品、いわゆるミリタリーアイテムを連想させます。

トレンチとモッズコートはどちらもミリタリー由来のアイテム。

その流れをMA-1風のジップポケットで繋げることで、デザインで遊びつつ全体の統一感を意識していることになります。

さらにおもしろいのはこのコートのボタンの数と配置。

ボタンは全部で4つあり、一番上まで付いているんですが、一番上まで閉じるとステンカラーコートのようなデザインになってくれるんです。

ボタンを閉じると襟がコンパクトになり、襟まわりだけステンカラーコートに様変わりします。

1つの襟で2パターンの見せ方ができる仕様になっているわけです。

チェスター・トレンチ・モッズ・ステンカラー。

一見シンプルですが、あらゆるコートの要素を違和感なくミックスした、絶妙に計算されたデザインになっているんですね。

オーバーサイズ感を減らす袖・裾の形

このコートはデザインだけでなく、シルエットも工夫が詰まっています。

まず袖について。肩が少し低く落ちたドロップショルダーになっていて、幅はかなり太め。

これだけの幅があれば、MA-1ブルゾンのような袖の太いアウターも難なく袖を通すことができます。

けれど袖はただ単に太いわけではありません。

肘から手首にかけて2ヶ所絞りを入れていることで、袖先に向かって少し細く見えるようなデザイン。

ジップポケットなどの中央のデザインに負けないよう、袖に立体感も加えているとも捉えられます。

次に裾ですが、このコートは腰から裾にかけて細くなるコクーンシルエット。

コクーンとは繭(まゆ)のことで、その名の通り丸みがありながら繭のように身体を包んでくれる形です。

ポケットはミリタリー要素の強い男性的なデザインですが、それを柔らかいシルエットにすることで中性的な雰囲気に仕上げていることになります。

そもそもこのコートはポケットが縦向きに付いているので、手を入れると縦に伸び、ブカブカな印象が出にくい。

そこでさらに身体を包み込む形にすることで、オーバーサイズ感を減らすことにも繋がっているんですね。

黒に限りなく近いネイビー

最後に色についてです。

一見黒に見えますが、オモテは黒に限りなく近いネイビーです。

コートの裏は少し明るいブルーになっています。

特におもしろいのは袖をまくる着こなし。ダークネイビーと明るいブルーが混ざることで、ほんの少しだけ華やかな印象をプラスしてくれます。

細かい話ですが、袖の縫い目は発色の強いグリーン。

外から見えることはないですが、この表も裏もスキがないつくりはデザイナーの強いこだわりを感じさせます。

長くなってしまいましたが、1つのアイテムに機能性とあらゆるデザインを詰め込んだ密度の高さ。

「洋服はこういうものだ」という縛りをなくした形は、発想次第でいろんな着こなしに変化させることができる。ファッションの自由さと奥深さを感じさせてくれます。

言葉では表現しきれない魅力的なロングコート。春秋冬と幅広く活躍する1着になりそうです。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...