ファッション

春コートを秋冬に着るメンズコーデの方法【生地で季節感を出す】

小柄の小松です。今回は春に買ったコートを1年通して使うためのポイントについて。

気に入って買った春用コート。けれどモノ単体で見たらあくまで春物なので、秋冬に使うときはいくつか工夫したほうがベター。

今回の考え方を知っていると、クローゼットの奥に眠ってる春コートの活躍の幅を増やせるかと思います。

春コートを秋冬に着るメンズコーデの方法【生地で季節感を出す】

ということで春コートを使った秋冬の着こなし提案です。

下記に使用アイテムを載せてますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
soe:スプリングコート(0)
ユニクロ×イネス:3Dジャカードセーター(XL)
ユニクロU:スーピマコットンTシャツ(M)
ユニクロ:レギュラーフィットテーパードジーンズ(28)
ユニクロ×JWA:ヒートテックソックス(25〜27cm)
KLEMAN:FRODA(40)
NEHERA:サスティナブルレザーベルト
アニアリ:レザートートバッグ
シルバーレイククラブ:革巾着ポーチ
amp japan:オーバーラップリング(17号)
amp japan:イヤーカフ
Paul Smith:ブルーレンズサングラス

この着こなしで気を付けたポイントを書いていきます。

春用・秋冬用コートの違いとは?

まず春用と秋冬用コートの違いについてですが、1番わかりやすいのが服の”素材”です。

基本的に春コートはサラッとした素材が使われてることが多め。

コットンやナイロンだったり、夏の印象が強いリネンを混ぜてあったりします。

なので暗い色であっても、春の軽いイメージを出すことに繋がってくれます。

それに対して秋冬コートは”暖かく見える素材”が使われてることが多め。わかりやすいのが”ウール”です。

ユニクロが毎年定番で出してるカシミヤチェスターコートなどがそうですが、生地にふっくらとした厚みがあると、秋冬の暖かいイメージが出せる。

黒なのでわかりにくいですが、上の春コートと比べると生地そのものに重たい印象があります。

セーターでも秋冬だとラムウールとかが店舗に並んでますよね?あういう明らかにモコモコした素材だと、誰が見ても「これは秋冬の洋服だな」と思うはず。

とはいえあくまで傾向なので、すべてのコートに当てはまる話じゃありません。実際このコートは秋冬に買ったものですが綿100%。

モノ単体で見たらウールコートのような暖かさはないですが、合わせる洋服や着こなし方で秋冬らしさを出すことは可能です。

リネン100%でサラサラした夏用カーディガンとかだとさすがに厳しいですが、要は「明らかに季節のイメージに合ってないコート」じゃない限り、多少は問題ないということ。

洋服の着こなしではこの”イメージ”というのが結構大事なポイント。それを左右する要素の1つが”素材”ということになります。

トップスやパンツの素材選びが鍵

そこで春コートを秋冬に使うポイントですが、合わせる他の洋服で季節感を出すことです。

特に簡単なのは秋冬用のウールセーターを使ってあげること。

人の視線が集まりやすい上半身に秋冬の服を持ってくれば、春コートでも秋冬らしさをプラスすることができます。

スラックスなどの下半身を秋冬素材にしてもOKですが、より簡単なのは目立つ上半身です。

今回の着こなしもセーターを使っていますが、そのおかげで春っぽさはそこまで感じないはず。

セーターの柄も秋冬らしさがありますし、形自体も首元が高くなったモックネックです。

秋冬になると、タートルネックなど首元に高さがある服をよく見かけるはず。つまり洋服に高さがあればさらに秋冬のイメージに寄せることができるんですね。

目立つアイテムが秋冬の洋服であれば、春コートを使っても季節感を損なうことは少ない。

こちらのコートもサラサラした春用コートですが、秋冬のセーターを使ってるのでそこまで違和感はありません。

どちらのコートも色が暗めなので、そもそも秋冬の落ち着いたイメージに合ってるとうのもあります。

なのでもし長く使える春コートを買いたい場合、なるべく暗い色のコートを選んであげるのがベター。

春に使うときに重たくなりやすいですが、そのときはTシャツやセーターの色・素材で春っぽさを出してあげれば問題ありません。

防寒対策は重ね着×小物使い

とはいえ春コートは秋冬用と比べて素材が薄いので、単純に寒いという問題もあります。

そこで便利なのが、重ね着や小物で防寒対策をしてあげること。

具体的にはセーターの中にTシャツを入れたり、靴下を厚みのある素材に変えるなどです。

当たり前といえばそうですが、洋服は重ね着したり生地が厚くなるほど防寒性が高くなります。

使う服の量が増えれば秋冬らしさを出すことにも繋がる。

さらに着こなしのアクセントとして映えるような組合せにすれば、秋冬にありがちな地味な印象を減らすこともできます。

重ね着・靴下だけでなく、たとえばニット帽や手袋を使ってあげるのも効果的です。

手先などの先端は冷えやすいので、手袋があるだけでだいぶ暖かい。

ここで使ってる帽子はユニクロのものですが、ヒートテックタイプではなく通年使える綿素材のもの。

ニット帽をかぶるだけでも暖かい印象をプラスできるので、秋冬素材じゃなくて問題ありません。

「洋服はあくまでイメージが重要」という話をしましたが、こういった目立つ”先端”を工夫すれば防寒性と季節のイメージを同時に解決してくれるでしょう。

ということで今回のポイントは…

・秋冬用より春用のほうが長く使える
・トップスやパンツの素材選びが鍵
・防寒対策は重ね着×小物使い

ぜひこの考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...