ファッション

濃いネイビーの半袖Tシャツが売ってないので、ユニクロの長袖をリメイクしてみた

小柄の小松です。今回はユニクロの長袖Tシャツを半袖にするリメイクについて。

自分好みの服を見つけるのはなかなか難しいもの。色やデザインだけでなく、身体に合うサイズまで考えると、値段の高いブランドを探しても見つからないということもあります。

しかしシンプルなものならリメイクすれば意外と作れてしまうもの。なければ作ればいいのです。

濃いネイビーの半袖Tシャツが売ってないので、ユニクロの長袖をリメイクしてみた

タイトル通りです。ユニクロの長袖Tシャツを半袖にリメイクしました。

リメイクの目的は”夏に1枚で着れる半袖Tシャツ”をつくること。

半袖Tシャツはユニクロや他のブランドでも大量に売っていますが、わざわざこんなことをしたのにはいくつか理由があります。

厚手のダークネイビーTシャツはほぼ見つからない

今回作ったのは濃いネイビーの半袖Tシャツですが、実はこういったダークネイビーのTシャツというのは意外と見つけるのが難しい。

色や素材、細かいデザインやサイズなど。使いやすさを追求していくと、どうしても既製品では限界があったのです。

これまで試したネイビーTシャツをいくつか紹介します。

まずはこちらがヘインズのBeefyシリーズ。

滑らかで厚みのある使いやすい生地。けれどネイビー表記のこのTシャツは見ての通り少し明るめのブルーなので理想には届かず。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404136?color=69

一方ユニクロにはスーピマコットンTシャツという半袖タイプもあるんですが、このTシャツは生地が薄め。

繊維の細長い高級なコットンを使っているので上品なのは間違いないですが、夏にエアリズムなどの薄い肌着と合わせると乳首が浮き出ます。

タンクトップを使えばマシになりますが、暑い時期に厚手のタンクトップなんて着たくありません。

上記の問題を解決してくれるネイビーTシャツを見つけたこともありました。

こちらは色も生地の厚みも理想的。けれど襟まわりがタイトで、首が窮屈になってしまうTシャツでした。

僕は首が太く顔が大きいので、Tシャツの首まわりが詰まっていると綺麗なシルエットになりにくい。

我慢して使っていましたが、どうしても気になってしまい、段々着る頻度が減っていきました(まだ持ってはいますが)。

他にもいろんなブランドのTシャツを探しましたが、色味、素材、身体へのフィット感など諸々こだわると見つからない。

なので既製品のお直しという方法をとることにしたわけです。

起毛Tシャツは夏に使える厚さ

使ったのはユニクロのソフトタッチクルーネックT(長袖)

これは秋冬に展開される長袖Tシャツ。ユニクロが取り扱うネイビーはどれも深みのある色合いで、他のブランドにはない魅力的なカラーです。

この長袖を選んだ1番の理由は生地の厚さ。実は夏に1枚で着るのにちょうどよい厚みがあるんです。

以前ユニクロのハイネックTの記事で書きましたが、ここ数年のユニクロのソフトタッチTシャツは表面に毛羽立ちがある”起毛Tシャツ”

その厚さはユニクロのスーピマコットンTとヘインズBeefyシリーズの中間といったところ。

起毛といってもほんの少しだけなので、夏に着ても見た目は問題ないレベルです。

そこで袖をカットして半袖にしてみたところ、これが大成功。

首まわりはゆったりした作りになってるので、首が太い男性でもキツくなりません。

ほどよく上品で適度な厚みのある、夏に最適なTシャツが完成しました。

大きいサイズなら半袖にできる

リメイクしたのはLサイズのTシャツですが、Lサイズだと半袖Tシャツにできる十分な太さがあります。

カットすれば長さが調整できるとはいえ、長袖は半袖よりも少し細めにできているので、SやMサイズだと袖がパツパツになってしまう。

Lサイズにしておけば半袖にしても広がりができるので、無理矢理カットしたような形にならずに済みました。

それと外から見てもわからないですが、実は袖先には”芯”のような素材を入れてあります。

これはお直し屋さんからの提案。芯を入れることで袖先がピンと張って、より違和感のない形に仕上がるんだそうです。

僕は身長162cmと小柄ですが、Lサイズで全く問題ありませんでした。

綿100%のTシャツは洗濯すると着丈・身幅どちらも縮むので、試着時より少し大きめのサイズを選ぶのがベスト。

袖のカットを”肘が出るギリギリの長さ”にすれば着丈の長さとバランスが取れます。

今回は袖のカットだけでしたが、ここから別のアレンジをすることを考え中です。

余った生地をポケットに型取りしてボディに縫い付けたり、中央に刺繍を入れるなど。他に2枚持ってるので両方試そうと思ってます。

今回はネイビーTシャツのリメイクでしたが、これは他の色でもオススメの方法です。

Tシャツ本体は1000円、お直し料金は2000円ちょっとなので、セレクトショップで既製品を買うのと同じくらいの値段でできます。

探して見たからなければ作ればいい。半袖リメイク、ぜひ一度試してみてください。ユニクロ ソフトタッチクルーネックT(長袖)

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...