ファッション

チクチクするユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターを洗濯した結果

小柄の小松です。今回はユニクロの普通のニットに飽きた方にオススメしたいラムウールセーターについて。

ユニクロで1番有名で使いやすいニットといえばエクストラファインメリノシリーズ。

ツヤツヤで縫い目も目立たないシンプルなつくりですが、そのぶん着こなしが地味になりやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。

そこでオススメしたいのが、同じくユニクロから出ているプレミアムラムウールシリーズ。

着心地やサイズ選びなど、いくつか注意するポイントもあるので、特徴を順番に紹介していきます。

✳︎追記
何度か着ていくうちにデメリットが浮き彫りになったので、現在は手放しています。
下記記事にオススメニットを載せているので、気になる方はご覧ください。

ユニクロラムウールニットの洗濯は失敗【チクチク・縮み・首まわりのヨレ】小柄の小松です。今回はニットを洗濯したことで起きたデメリットについて。 公式の説明で手洗いOKとなってるニットは多いですが、洗うと...

 

ほどよくカジュアルな肉厚ラムウール

こちらが今回紹介するユニクロのプレミアムラムクルーネックセーター

身長162cmの小松はサイズ選びに苦戦したので、ブラウンのMとLサイズ両方を買いました。

このニットの1番の特徴は、肉感のあるラムウールが使われていること。

よく見ると色の違う複数の糸で編まれていて、ノッペリしない立体的な色になっていることがわかります。

こちらは一度洗濯をした状態。

柔らかくふっくらとした生地になり、大人びたニットがほどよくラフなものに変わってくれます。

✳︎このニットは本来手洗い推奨ですが、洗濯機で洗った理由は下のほうで説明します。

ノッペリしない縫い目のデザイン

素材と合わせて注目してほしいのが細部のデザインです。

まずは襟元。やや太めの存在感がある形になっていますが、首元はキツくないので顔まわりに適度な装飾をプラスしてくれます。

肩の少し下は縫い目が目立つようになっています。

派手さはないですが、これもアクセントとして機能してくれます。

そして裾や袖のリブも太め。

目立つ先端それぞれが少し主張の強いデザインになっていることで、ツルッとした普通のニットよりもラフさが出るよう工夫されています。

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419190?utm_medium=mobile_app&utm_source=PDP&color=24

ユニクロのエクストラファインメリノニットと比べると違いが際立ちます。

光沢があって縫い目の目立たないこのニットはユニクロで一番人気のシリーズですが、シンプルゆえにコートなどに合わせたときに地味な印象を与えがち。

しかもこのニットは身幅が細く、がっしり体型の男性だと身体のラインを拾いやすいので、ある程度スタイルの良さが求められます。

今回のプレミアムラムウールニットは身幅がゆったりめ。

なのでお腹まわりが気になる男性でも着やすく、秋冬の強い味方になってくれるでしょう。

しかもこのブラウンはエクストラファインメリノシリーズにはないカラー。1枚でもコートと合わせてもバランスが取りやすい色です。

チクチクするので洗濯してみた

とても完成度の高い魅力的なニットですが、弱点もあります。インナーが半袖だと、袖まわりがチクチクしてしまうことです。

数年前に買ったときよりチクチク感は薄まり、肌着に移る毛の量も減っていますが、それでもタンクトップやヒートテックの上から着るとストレスになってしまいます。

それを解消するために、今回は中性洗剤で手洗い→柔軟剤で洗濯機という手順を踏みました。

チクチク感が100%わけではなかったんですが、ほぼ問題ないレベルまで薄まりました。

ちなみに手洗いだけだとチクチク具合はほとんど変わらず。止むを得ず洗濯機を使ったという感じです。

ただ、洗濯したことで大きな問題が発生しました。ニットの縮みです。

洗濯すると身幅がかなり縮む

見出しのとおりですが、このニットは洗濯すると身幅がかなり縮みます。

なのでサイズ選びは慎重になる必要があります。

まずMサイズについて。こちらはほぼ全ての部分が1まわり小さくなりました。

身幅が4cm変わる=全周で8cm細くなるということなので、これだと体型を隠すメリットがなくなってしまいますね。

Lサイズも洗濯をしてみました。

裾丈は変わらなかったですが、こちらも身幅は細くなっています。

チクチクを気にせずそのまま着るなら問題ないですが、家庭用洗濯機で洗う場合は1サイズ大きめを選ぶ必要があるでしょう。

左がMサイズ、右がLサイズです。

ぱっと見はMでも問題なさそうですが、身幅がかなりタイトなので、たとえばここから重ね着するのは難しい。

また、ニットは動いていると上に引っ張られやすいので、その点でも少しゆとりのある丈のサイズを選んだほうが着心地は良くなります。

身長162cmでLサイズだと丈が少し長くなりますが、お直しを視野に入れればいいですし、次の洗濯・手洗いでさらに縮む可能性もあります。

ふんわりとした素材の特徴を活かし、重ね着できるようにするならLサイズのほうがいいでしょう。

本来は手洗い推奨のニットですが、今回はチクチクがどうしても気になるので洗濯してみました。

リスクが高い方法ですが、ニットが駄目になるわけではないので、サイズ選びに気をつければ有効な手段といえるでしょう。ユニクロ プレミアムラムクルーネックセーター

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...