ファッション

ユニクロのクルーネックベストの着こなし【ニット・半袖Tシャツの色を近付ける】

小柄の小松です。ユニクロのニットベストを童顔・低身長な男性でも着こなせる方法を研究中です。

袖のないベストは基本的に他の服との重ね着を前提に使うことになりますが、半袖Tシャツと合わせる場合は特に注意が必要です。

今回はネイビーのニットベストに黒Tシャツを合わせるパターン。他の色のTシャツを使ったときとの比較もしていきます。

ユニクロのクルーネックベストの着こなし【ニット・半袖Tシャツの色を近付ける】

ということでユニクロのニットベストに半袖Tシャツを合わせた着こなしを提案します。

下記に使用アイテムを載せていますが、後ろの数字がサイズです。

使用アイテム
ユニクロ:オーバーサイズクルーネックベスト(M)
ユニクロU:スーピマコットンTシャツ(M)
UNITED ARROWS:ジャージー1プリーツパンツ(M)
Amb:レザーグラディエーターサンダル(38)
ランバンオンブルー:A4レザークラッチ
agnes b.:ロゴピンバッジ
Johnbull Private labo:ナイロンマグネットベルト
テンデンス:ラウンドガリバー
amp japan:オーバーラップフラットリング(17号)
Paul Smith:スクエアサングラス

この着こなしで気をつけたポイントを書いていきます。

黒・ネイビーの重ね着なら許容範囲

別記事でも書いてることですが、ニットベストに半袖Tシャツを合わせる場合、お互いの服の色合いを近づけるのが1番簡単。

ベストとTシャツの色がかけ離れているとそれぞれが目立ち、子どもっぽさが強くなりやすいからです。

ニットベスト+半袖Tシャツを童顔な低身長男子が着たら学生っぽく見えた話小柄の小松です。今回はどうやっても違和感が出た服装について。 洋服の着こなしはどれだけバランスを整えても"イメージ"に引っ張られて...

違和感が出やすい組合せはこちら。

Tシャツのほうが色が明るめ。そうするとスラックスや革製の小物を使って大人っぽさを意識しても、どうしてもベスト+Tシャツの子どもっぽいイメージに引っ張られてしまいます。

そこで今回はネイビーベストに黒いTシャツを合わせました。

なるべく近い色を組合せることでお互いの服が悪目立ちしないよう工夫しています。

シンプルに合わせるとこの状態。上のグレー・白Tシャツと比べると落ち着いた印象があるかと思います。

とはいえこのままだと地味なので、ここから小物を足して服装に変化を付けていきます。

Tシャツの色を小物で拾う

ニットベストを着こなすときのポイントとして、「ベストと他の服の色味を合わせる」があげられます。

ベスト単体で浮かせないために、他の服と色味を合わせてあげるとバランスが取りやすい。そこで今回はネイビーのスラックスを合わせて上下の色を繋げています。

また今回は黒いTシャツを使ってますが、ベストと同じように袖の黒が浮かないようにしたいところ。

そこでベストの胸元にピンバッジを使うことでバランスを取りました。

このピンバッジは黒地に白い文字が彫られたシンプルな配色のもの。

中央のバッジと袖の両方に黒を使ってあげれば、袖だけが目立たないように見せることができるんですね。

もともと黒・ネイビー中心の服装だったのでそのままだと地味。そこにピンバッジを挟んだことで袖が浮くのを防ぎ、さらに地味な印象を減らす効果をプラス。

足元のサンダルに白が使われているので、同じ白の入ったバッジで色の統一感を出すことにも繋がっています。

「ベルト垂らし」は黒だと目立たない

それともう1つ細かい話ですが、今回は腰からベルトを垂らすというアプローチを取り入れています。

帯の長いベルトを腰から垂らす。これは数年前からよく見かけるパターンですが、ベルトの色が明るいと子どもっぽい印象が強くなってしまうもの。

そこで今回は黒いベルト。ペラペラな印象の少ないナイロン素材などを選べば、子どもっぽさを抑えつつ少しだけアクセントを加えることができます。

ベルトを垂らしたといっても本当に少しだけ。

ベルトの見える面積が多すぎるとそこだけが悪目立ちしやすいので、かなり控えめにしています。

ピンバッジは黒Tシャツの袖が浮かないように付けたと書きましたが、ベルトも黒にすることで色の統一感を出すようにしました。

ネイビーのTシャツを使ったver.と比べるとこのような感じ。

首・胸元・腰回りの小物使い。パンツを黒orネイビーで入れ替えて、さらにバッグも素材や形を変えて調整してみたり。

パッと見はほぼ同じですが、「ベストや袖が浮かないようにする」と決めるといろんなアレンジを考えることができるんですね。

上下の組合せがシンプルになる春夏はこういった工夫がなかなかおもしろい。この時期に試しておけば、秋冬になったときに春夏の発想を活かすこともできます。

ベストに近い色のTシャツを合わせ、そのTシャツに合わせた小物を使ってアレンジする。

ニットベストで子どもっぽく見せたくないときはぜひ今回の考え方を頭の片隅に入れてみてください。

 

【随時更新】スタイルの悪い低身長男子でもオシャレになれるファッションポイント一覧オシャレな服装をしたいと思ったとき、何から始め、どこに気をつければいいのでしょうか? 雑誌やSNSで調べると「今年は〇〇がトレンド...